2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
サラダ「とぼけた すれちがい」〜『20の頃の話』

90年代中盤にいくつかの作品を出し活動していたサラダというバンドがいるのですが、

最近、この男女2人組ユニットの音源を聴いています。

 

メンバーは、ボーカルと鍵盤の仲村有紀、ボーカルとギターの笠鳥高生の2人。

 

元々は、香保里さんが持っていたコンピ『Fancy Fantasy』(Giant Robot Compilation Vol.2/1995年)というCDにサラダの曲が2曲入っていて、僕は特に「とぼけた すれちがい」という曲を気に入っていたのですが、

ただ、しばらく(といっても大分長いこと)聴いていなかったんですね。

最近、久々に「とぼけた すれちがい」を聴いたら、世界観や歌詞等、作る方でも無意識の内に結構な影響を受けていたのがわかりました。

 

この曲は、Tender Leafの「Coast to Coast」(テンダー・リーフでこの曲が一番好き!)で感じる特別感、それは、切なくて、曲と音の波が刹那と永遠を感じさせるもの。言葉では表せない、胸の奥の騒めきの様な。。

そんな感じの思い入れが深い曲です。

 

ところで、本人たち的にはこの曲の位置付けってどうなんだろう。

というのも、このコンピのVol.1と合わせるとサラダは合計4曲提供していて(Vol.1ではサラダではなくLucky Un Luckyという名義)、そのうち「とぼけた すれちがい」のみ、インディー時代の1stアルバム『20(はたち)の頃の話』(1996年)に未収録なんですね。

個人的に飛びぬけて一番良い曲なだけに、そこが気になりました。

 

で、コンピ以外の曲はどんな曲を作ったんだろうと思って、

最近、インディー時代のアルバム『20の頃の話』と、メジャーでのミニアルバム『これすてろーむ』と『meat the salad』も聴いてみました。

 

サラダ 『20の頃の話』(1996年)

 

全体的に、どこか変で、ストレンジさがあるポップスで、面白かったです。

特に、4トラックMTRで作られたという『20の頃の話』はザラザラとした質感で、レンジも狭い。

「とぼけた すれちがい」もそうなんですが、今のDAWとは違う、MTRの音がして、そこがすごく良かったです。

 

 

 

そこに収録されている「(Tike)² RUNAWAY」がYouTubeにアップされていたので貼っておきます。

 

 

サラダ 『meat the salad』(1997年)

 

メジャーでのフルアルバムになります。

ここに収録されている「大事なこと」、

 

やはりちょっとストレンジですよね。

 

この曲以外にも「とにかくあてがなくても このドアを開けようよ」や「ロンドン橋」等が好きでした。

メジャーでのアルバムということで、録音テイクも音作りもこちらの方がだいぶしっかりしています。

 

 

最後に、一応、上に書いたTender Leafの曲も貼っておきます。

 

 

| music-japanese | 00:57 | - | - |
高橋徹也『新しい世界』

最近、Spotifyの有料会員となり、ブラジル音楽や60年代、70年代の洋楽以外にも色々と聴く機会が増えました。

楽曲を聴くのは僕の場合(過去に思い巡らせての)検索がほとんどなんですが、

その検索の思考パターンとして、

昔すごく好きになった友達所有のCDの曲が聴きたいだとか、

昔持っていたけど聴かなくなり売っちゃったCDが懐かしくなってとか、

メジャーすぎて買う気にもならなかったけど実は心の中で気になってた曲だとか、

アルバムの中の1曲だけ好きだけど、それ以外がピンとこなかったやつとかを検索して聴くというようなことをやっています。

 

 

で、今日書くのは、香保里さんが所有している高橋徹也『新しい世界』について。

 

高橋徹也 『新しい世界』1997年

 

これは僕らがLampを結成した2000年に香保里さんのCD(4曲入りのやつ)で初めて聴きました。

 

聴いた当時一番印象的だったのは、転調。

 

こういう洒落た転調をする曲って、そんなに多くなかった(今でもそんなにない気がする)から、すごく気になった1曲でした。

 

その頃、3人で車で移動するときなどたまに掛けたこともあったと思いますが、

しばらく(と書くにはだいぶ時が経っていますが)聴いていませんでした。

 

で、今回、Spotifyで検索をして久しぶりに聴いたらだいぶはまってしまって、2カ月ほど聴き続けています。

 

僕が良いなぁと思って聴いているのは、まずは高橋さんの熱い歌ですね。

 

具体的にここだというポイントがいくつかあるのですが、

 

「見たことのない 見覚えのある場所でいつも俺を《ウェーイ》追い越す白い車」の《ウェーイ》。

いつも聴きながら一緒に歌うんですが、ここの《ウェーイ》も真似して毎回あがってます。

まあ僕は歌えてないんですけど。。

 

それと、アウトロの《ハッ》とか《ダラッダラッ/ダドッダドッ》のスキャットや、「どこにもないのさ」の「さ」を伸ばしてピッチを上げていくところ。

 

あと、アウトロに「新しい世界っ!」って言いながら入っていくところ。

 

それと、2A終わりの「例えオーバーな話しでも」の後の「いい〜」

 

等々。

 

 

ブラックミュージック的なスムースなコード進行に乗るラッパやシンセのハーモニーの重なりの気持ちよさとこの歌の熱さ、

それと歌詞の不思議な世界観が癖になります。

 

 

高橋徹也「新しい世界」 Spotify

 

 

 

| music-japanese | 21:09 | - | - |
ライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』について

今回リリースするライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』について、少し書いておこうと思います。

 

 

正直、今回のライブ盤は中々結構良いものだと思うし、

ライブに来た事ある人はもちろん、来たことない人含め、手に入れてくれた人のほとんどが満足できるものじゃないかなと思う。

 

ミックスは今の自分(たち)の感覚が反映されていて、

具体的に言うと、Lampにしては低音の方がスタジオ盤より出ていて、

また、ライブ盤ということで、生演奏の一体感もあるし、

そこがすごく気持ちよく聴けると思う。

ベースやドラムの聴こえ方が音源と違うかなと思います。

 

とは言え、

やっぱり自分たちはライブバンドではなく、レコーディングに拘ってきたバンドだと思っていて、

スタジオ盤を聴いてもらう前にいきなりライブ盤を聴かれるというのはちょっと抵抗があったりするので、

今回のリリースは、既にスタジオ盤を聴いてくれている人たちに向けるという意味でも、

一般流通無し(直販のみ)で、CDのみ(デジタルは無し)という形を採りました。

 

 

最近、サブスクやダウンロード等のデジタルを中心に海外でもだいぶ聴いてもらえるようになっていて、

今回オフィシャルのオンラインストア以外に、BandcampでもCDの販売を行ってはいるのですが、

やはりCD直販のみだと、海外の人にとっては中々聴きやすい状況ではなく、

この判断は苦しく難しいものでしたが、

とりあえず今回はそういうことでリリースをすることにしました。

 

 

既に予約してくれた方々、

お届けまでもうしばらくありますが、

Lamp初のライブ盤、楽しみにしていてください。

 

 

リリース情報詳細はこちら公式サイトNEWSでもご確認いただけます。

 

 

 

 

 

 

| about Lamp | 12:28 | - | - |
Lamp初のライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』リリース

4月23日にLampのライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』をリリースします。

 

『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』

Disc 1
1.夜会にて
2.愛の言葉
3.街は雨降り
4.スローモーション
5.渚アラモード
6.さち子
7.ブルー
8.車窓
9.八月の詩情

Disc 2
1.ため息の行方
2.最終列車は25時
3.二人のいた風景
4.恋は月の蔭に
5.過ぎる春の
6.夢をみたくて
7.夜風
8.1998
9.Fantasy
10.空想夜間飛行

録音:2018年9月8日 ソウル公演@KT&G Sangsang Madang

BHRD-011 2019年4月23日発売
2枚組CD、全19曲約94分収録、豆本サイズ歌詞ブックレット付

販売価格2500円(税別)

 

--------

 

8月からツアーに入り、バンドがどんどんよくなってきた終盤の韓国公演を収録したアルバムです。

この日演奏した曲を全て収録しました。

Lampにとって初めてのライブ盤となります。

とても出来の良いライブでしたので、楽しみにしていてください。

それと、豆本サイズで作ったブックレットもとても良い感じにできました。

 

 

CD販売サイト

Botanical House Store

 

上記リンク先オンラインストアにて、本日から予約を開始いたします。

 

今回は一般流通の予定はありません。

 

後日、収録曲と商品外観等を発表します。

 

| about Lamp | 17:05 | - | - |
イチロー引退

イチローもとうとう引退ですね。

 

メジャーリーグ(マリナーズ)に移籍した年、僕は大学4年で、その年は単位にも余裕があって、家でとにかく時間が余ってて、

朝起きて、マリナーズの中継がある時はほとんど見たから、116勝したあの年のマリナーズの主力選手はすごくよく覚えてるなぁ。

イチローは打つし、チームは勝つしで、見ていて楽しかった。

 

時の流れを感じた夜でした。

| others | 01:31 | - | - |
MONO NO AWARE『人生、山おり谷おり』

日本のインディー・ロックをほとんど聴かない僕が言うのもなんですが、

昨今の日本のインディー・ロックで一番良いバンドじゃないかなと思ったのが、MONO NO AWAREというバンドです。

 

実はこのMONO NO AWAREとは、2017年の武蔵大学の学園祭で対バンをしました。

その時は、YouTubeで聴ける代表曲を聴いて、良いなぁというくらいの認識で当日を迎えたのですが、

そのライブ後、頂いた1stアルバム『人生、山おり谷おり』を聴いてみたら、かなり良かったんですね。

 

MONO NO AWARE『人生、山おり谷おり』 2017年

 

普段、こういう種類の音楽をほとんど聴かない僕でも、

捨て曲なしの、音楽的工夫に満ちた、とても聴きごたえのある作品だと感じました。

 

言葉遊びの面白さが至る所に見られ、且つ、歌自体が音として面白く聴こえるように工夫されています。

男前な歌詞がかっこいいです。

 

また、ボーカルの玉置さんがほとんどやっているという作曲やアレンジが音楽的な面白さを作っていて、才能を感じます。

さらに、そこに乗っかるリードギター、ベース、ドラムの演奏が良いんです。

 

古い音楽が好きな僕が聴いても、切なさや懐かしさとともに自然に聴けるのがまた良いです。

 

捨て曲なしと書きましたが、

各曲、特に好きな瞬間やポイントがあって、それを書きます。

 

「井戸育ち」・・・「水平な広大な無限の壁 もう一歩 もう一歩」のディレイ感

「マンマミーヤ!」・・・「時間に追われる運命さ」の「さ」で打ちっぱなしのメジャーセブンス感(で歌のメロディが一度の音になるのが良い)

「わかってるつもり」・・・Bメロの「よく聞け、君のことはもう!」でドキッとする

「イワンコッチャナイ」・・・右から聴こえるギターフレーズが好きな曲。この馬鹿っぽい?リズムとフレーズが癖になります。アルバム全般、ギターのフレーズがすごく良いです

「me to me」・・・中盤の「目と皿と目」の繰り返しからが特に良い

「To(gen)kyo」・・・この曲がアルバムで一番好きかもしれない。リズムが良い

「ブーゲンビリア」・・・メロディの入りが良いですね。ゾクッとする出だしです。「そこに懐かしの君からのメッセージ」からの「句点打つ位置がおかしなメッセージが」の「が」に至る流れが特に好きです。「To(gen)kyo」よりこの曲の方がもっと好きかも

「明日晴れたら」・・・「viva viva viva ジプシー音楽」の「が」の瞬間、グッときます。ブレイク後の「だ・け・ど どうなの」に行くところも良いです

「夢の中で」・・・前の曲から繋がる形で、アルバムで一番渋い曲に行きます。歌のリズムと演奏が良いですね。曲調はちょっと苦手です。僕セブンス系が苦手なので。でも演奏に聴きごたえがあり悪くはありません

「駈け落ち」・・・出だしの「だんだん〜」から前半が最高です。特に好きなのが、「季節がくるかな」の瞬間

 

機会があったら、セカンドも聴いてみたいと思います。

| music-japanese | 21:20 | - | - |
WWMM、ありがとうございました。

2/2はミツメが毎年主催しているイベントWWMMに出演してきました。

場所はリキッドルームでした。

 

演奏した曲は、

1. 冷ややかな情景
2. スローモーション
3. 二人のいた風景
4. A都市の秋
5. 1998
6. 街は雨降り
7. 密やかに
8. 今夜も君にテレフォンコール
9. 君が泣くなら
10. さち子

です。

 

僕たちは、対バンのライブイベントに出ること自体多くなく、

また僕や香保里さんが普段お酒を飲まないこともあり、

ライブ後の打ち上げに参加した記憶というのもほとんどないのですが、

今回は参加させていただき、良い時間を過ごせました。

 

ライブ翌日(昨日)は、永井も僕も熱を出してしまいました。

永井は38度を超えたみたい。

僕は熱はあまりでませんでしたが、風邪気味で、まだ関節が痛みます。

二人ともインフルエンザではなさそうです。


忙しくて時間が無くても、ご飯はしっかり食べて栄養をとった方が良いな。

そんなことを思いました。

 

皆さんも気を付けてください。

 

 

| about Lamp | 17:52 | - | - |
2018年から2019年へ

今年も一年どうもありがとうございました。

 

2018年は、僕らには、ニューアルバム『彼女の時計』のリリースの他、

リキッドルームでのレコード発売記念ライブや夏のアジアツアーという大きなイベントがありました。

 

来年は、2018年夏のアジアツアー「A Distant Shore」の中で歌や演奏の出来が最も良く、録音状態がきちんとしているソウルでのライブを、Lamp初のライブ盤CDとしてリリースしようと考えております。

 

 

このブログでは、今年のツアーについてほとんど触れてなかったので、

ツアー全体のステージの感触を振り返ろうと思います。

 

中国5か所で演奏曲目の変更やアレンジ等の修正を加えながら段々演奏がまとまり、良くなっていきました。

 

そのおかげで香港では逆境の中でもなんとかステージをこなし(モニター環境や箱の響きがかなり悪かった&PAの方とのコミュニケーションがとても難しかった)、台湾で良い雰囲気の中でライブをやって日本に帰って来ました。

 

MCが一番面白かったのは仙台かな。。話したことは全然覚えてなくて、あくまで印象ですが。

国内で一番最初にやったのが仙台で、永井が言いたいこと爆発してて盛り上がった印象。

 

福岡は前回と同じ会場だったけど、バンドがライブ慣れしていたせいか、前回より遥かに良いライブが出来た気がしています。

 

そして、バンドとしてのピークはツアー終盤の大阪と韓国。この2か所でのライブがとりわけ良いライブになった気がしています。

 

東京のキネマ倶楽部も、緊張感は結構あったけど、結果的には中々良いライブになった気がします。

 

最後のジャカルタは終始観客が一緒に歌っていたので、良くも悪くも歌や演奏の質がどうというライブではなかった気がします。

 

 

今回、こういう規模のツアーをやってみて、やっぱりライブって続けるとバンドが良くなっていくんだなと肌で感じました。

話しではそういうことを沢山聞いていたけど、やっぱり実際に体験すると受け留め方も全然変わってきます。

 

 

ライブ盤CDリリースの他にもう一つ目論んでいることがありますので、そちらも楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

| about Lamp | 00:36 | - | - |
Spotifyの承認アーティストになりました

今年、SpotifyやApple Musicなど所謂音楽のサブスクリプションサービスにLampの楽曲の多くが登録されました。

サブスクリプションサービスは、月額定額を払って、登録楽曲を聴き放題できるやつです。

 

僕はラジオやお店での試聴以外はCDを買って初めて中身を聴ける世代で育ったので、

正直なところ、このサブスクには抵抗がありますし、

こういう世の中になったことを肯定できずにいます。

 

これは音楽産業にとってプラスであるというような、

前向きに捉えている意見をよく目にしますが、

今後、良い録音作品は減っていくような気がしてなりません。

 

もちろん違法ダウンロードよりは定額利用の方がマシではあるのですが。

以前、似たようなことを書いたことを思い出しました。

音楽の無人販売所

 

 

アーティスト側から見た(今の世の中の情報開示に対してオープンな姿勢を受け容れるという)基本スタンスは、

音源は、無料もしくはほぼ支払いを伴わない形で聴いてもらって(気に入ってもらって)、

ライブに来てもらって、

フィジカル作品やグッズなどの物品を買ってもらって、

まわしていく、

みたいなものが基本になっています。

 

ライブよりも録音物を作ることが好きな僕たちにとって、この世の中の流れと状況は、なんだかなぁ、、と思わざるを得ません。

 

 

ただ、上にも書いたように、

楽曲が全くお金にならないよりは少しでもお金になったほうがマシという理由と、サブスクを利用する若い世代にも聴いてほしい(広がってほしい)という理由で、僕らの楽曲もサブスク登録の運びとなりました。

 

 

サブスクで現在一番利用者数が多いと言われているSpotify、

インドネシア人の知り合いから、これの承認アーティストになった方が良いという助言をされまして、承認アーティストになるべく、1週間ほど前に申請を出しました。

そして、本日、無事承認されました。

承認されるとアカウントに青いチェックマークが入るようになります。

 

早速、アーティストとしてのアカウントでログインしてみたところ、

Spotifyに登録されているLampの楽曲をどんなリスナーが聴いているのかという、解析結果を見ることが出来ました。

 

今日はそのことについて書こうと思います。

 

まず、これ。

最近の28日間で「どこの国の人が聴いているか」という解析。

 

 

少し前から「今月のリスナー数」が7万人に近づき、ここ数日はそれを超えていたので、

この現象は、きっとアジアのどこかの国で沢山聴かれているんだろうなぁと思っていたのですが、

そしたら、アメリカでこんなにも沢山聴かれていたんですね。

どこかで紹介されたのでしょうか。

 

日本人はおそらくほとんどの人がCDかレコードで聴いていると思います。それらの流通量が多いので。

 

 

で、次に「年齢層」。

 

 

サブスク利用者は10代〜20代が中心と言われているので、当然と言えば当然ですが、

それでも、若い人にも沢山聴いてもらえているということが分かり嬉しかった。

若い人が聴いて、良いとか面白いと思えない音楽はダメだよなと思っているので、常にそこは意識していきたいです。

 

ちなみに男女比は、男:女=59:40だそうです。

足して100にならないのは気にしないでください。

 

 

最後におまけとして「どこの街で聴かれているか」。

 

 

 

出てくる言葉は、「へえ。。」くらいかと思います。

ただ、こういうの見るの僕は好きです。

 

この情報は、ツアーを組む時の一つの参考になるかな。

 

 

で、このサブスクを中心とした音楽のデジタル販売全般、

どれくらいのお金になっているか(なっていくのか)というと、

まだ判断するのは早いかなと思います。

 

 

サブスクってなんか哀しいけど、、

これから少しでも良い方向に向かうと良いですね。

 

 

僕はリスナーとしては、完全にフィジカル派で、

デジタルは全く利用しないので、

やはり自分たちの作品はCDやレコード等で買ってもらえた方が気持ち的には嬉しいです。

 

 

そして、アーティストとしては、自分たちはどういう世の中になっても録音物を作ることを頑張って、良いものを作っていくしかないかなと思います。

| about Lamp | 00:09 | - | - |
UPP 1st

Upp 『Upp』1975年

 

ジェフ・ベックがプロデュースとギターで関わったUppのファースト。

 

音だけ聴くと、肌の色が黒い人の音楽だと思うくらいファンキーなサウンドです。

 

特にベースのミックスが大きく、サウンドも最高。

楽器の音や演奏、ミックスも生々しさ全開で、

憧れの気持ちから、こういう録音やりたいなぁと思ってしまいます。

 

一人一人の技術というより、バンドの一体感が特筆すべき点かなと思います。

 

ファンキー一辺倒でなく、時々メロウな面も見せるのが僕にとっては重要です。

 

3曲目の「It's A Mystery」、6曲目「Jeff's One」なんかは最高ですね。

カーティス・メイフィールドのようなファルセットで歌ってくれているのがたまりません。

 

あと、これ、ジャケットがすごく良い。

色もデザインも好きです。

| music-soul music | 15:51 | - | - |
| 1/151PAGES | >>