2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
S箱〜通販限定販売〜音楽はLOVEであるという話し

最近頭の中で考えたことを、どうでもいい順に。

 

 

S箱

 

音楽ファイルなどをメンバーに送信するときにオンラインサービスを使うことが多いのですが、

ふと、昔、ファイル送信サービスの一つに「S箱」というものがあったなぁと、その響きを懐かしく思い、

昨日、ググってみたのですが、「S箱」なるものは検索に全く引っ掛かりませんでした。

 

当時、自分の周りでどれだけ使っていたかは全然分からないのですが、

Dropboxの登場以降使わなくなったように記憶しています。

ネットの世界って、10年も経つと文字通り跡形も無くなってしまうのですね。

なんか怖さと虚しさに襲われました。

 

 

通信販売のみで売られていたモノの魅力

 

大友克洋に「Boogie Woogie Waltz」や「Good Weather」というタイトルの漫画がありまして、これらは当時通信販売のみで売られたものらしく(「Boogie Woogie Waltz」は発売から6ヶ月以降通販のみ)、当時を知らない僕なんかにとっては、それだけでモノとしてとても魅力的で有難いものだと受け留めちゃうんですよね。

そういうの、大好きです。

僕がモノを売る時もそういうこと考えちゃいます。

 

 

音楽はLOVEである

 

よく人から「この音楽良いよ」ってCDを渡されたりしますが、不思議なことに音楽って自分が能動的に探して聴いたときの方が断然良く感じることが多いです。

出会い方でその音楽の佇まいが違ってくると言いますか。

あと、僕はレーベルをやっているので、「日本でリリースしてくれるレーベルを探している」というような感じでアーティストを紹介されたりするのですが、これも同じです。

向こうがこっちに興味ない(知らない)状況の方が断然好きになる確率が高いです。

これって、異性に対する状況と全く同じだよな、と思います。

僕は人生で告白されて付き合ったことは一度もないんですね。これまで全部自分から告白してきました。レーベルで取り扱いたいと思うかどうかも、それと同じかなと思います。

音楽もLOVEにならないとリリースまでいけませんよね。

彼氏募集中の人よりも、そんなこと気にしていない人の方がなぜか魅力的に見えるんですよね。

もちろん音楽の中身が良いことが一番大切ですが、佇まいも重要だよなと、そんなことを考えたのでした。

| others | 21:40 | - | - |
Lamp初のライブDVD『Live in 東京キネマ倶楽部』発売

昨年9月28日に東京キネマ倶楽部で行いましたLampのワンマンライブ東京公演「A Distant Shore」の模様を収めたDVDをその日からちょうど1年後にあたる9月28日に発売します。

 

-------

 

Lamp「Live in 東京キネマ倶楽部」

from Asia Tour 2018 “A Distant Shore”

 

●ライブ映像収録曲目
夜会にて
愛の言葉
スローモーション
車窓
木洩陽の季節
過ぎる春の
恋は月の蔭に
ソーダ水の想い出
誰も知らない
さち子
青い海岸線から
君が泣くなら
1998
Fantasy
空想夜間飛行

 

●特典映像
Memories of the distant shore
Lamp in Jakarta

※特典映像はメンバーやスタッフの手持ちカメラ等で撮影した映像の為、手振れ・ピンボケ・音割れ等が多々ございます。ご了承ください。

 

BHMV-001
ディスク枚数 1枚
紙ジャケット

海外プレス
本編=73分、特典=16分
STEREO
4000円(税別)

発売日:2019年9月28日

 

-------

今回がLampとして初のライブ映像作品となります。

 

販売はBotanical Houseからの直売のみとなり、一般流通はありません。

ご予約・ご購入は下記より受け付けております。

Botanical House Store

 

 

 

| about Lamp | 15:29 | - | - |
Lamp「夜会にて」の着想

今日は普段あまりしない話しを。

 

普段、僕がどんな風に曲を作り完成させていくのか、

その着想(取っ掛かりの部分)の話しを、実際に音を聴いてもらって記事を書きたいと思います。

 

『彼女の時計』の1曲目に「夜会にて」という曲がありますが、

おそらくこの曲の着想の話しは僕の曲の中でも結構面白い方だと思うので、書いてみたいと思います。

 

Spotifyにプレイリスト《Lamp「夜会にて」の着想》を作りましたので、こちらを聴きながら読んでもらえたらと思います。

 

https://open.spotify.com/playlist/4SHUcvlqrDBu4iwxYC0sKw?si=MwOvm3CbSCusscR4MbSG4g

 

 

Dori Caymmi「Spring」

まず、この曲を作った時期に、僕はDori Caymmiというブラジルのミュージシャンの曲がすごく気になっていて、自分でもそういう響きの曲を作りたいと思っていました。この人はギターの開放弦を上手く使った曲が多いです。「さち子」なんかもそうですが、ギターの開放弦を使うとピアノとはまた違った独特の響きになります。

今回、《Lamp「夜会にて」の着想》のプレイリストに入れたDori Caymmiの曲は「Spring」ですが、「夜会にて」はこの曲だけでなく、彼の曲全体に影響を受けた感じです。

 

Toninho Horta「Liana」

で、どの曲から一番具体的な影響を受けているかと言われたら、トニーニョ・オルタのこの曲になります。出だしのメロディの形がサビの出だしと全く同じですし、その後のコード進行も大枠で考えると結構似ていると思います。コピーしたことないので分からないですけど、この曲を意識して作ったのは確かです。

僕はスタジオ・アルバムではなく、トニーニョ・オルタのスキャットが添えられているこのライブ盤でこの曲をよく聴いていました。

 

TM NETWORK「Nights of the Knife」

この曲なんかはLampのリスナーからすると、「え、こんな曲に影響を受けたの?」などと意外に思われそうですが、聴いてもらえたら納得してもらえるかなと。

中学3年生の頃、僕はこの曲が大好きでした。

TM NETWORKに関して言うと、当時、ツタヤでベスト盤を借りて聴いたのですが、他の曲はそんなにピンと来なかった記憶があります。

ウッドブロックの使い方はほとんどそのままですね。制作にあたってサポートメンバーの方々にも参考音源として、この曲を聴いてもらった気がします。

こうして僕らが所謂Jポップを採りあげるのはとても珍しいです。というか、『彼女の時計』までそういうことはほとんど無かったんじゃないかと思います。少なくとも僕は。

 

Fafa De Belem「Meu Homem」

ブラジルではかなり有名なシンガーのようですが、日本ではそんなに知られていません。僕もアルバムは1枚か2枚くらいしかもっていません。

この曲は一度だけYouTubeでたまたまこの曲のライブを聴いて、その時のこのイントロのシンセフレーズとテープのコンプ感に強烈な印象がありました(おそらくビデオテープから取り込まれたんだと思います)。こういうのやりたいんだよなぁと思ったのを覚えています。

その後その映像を見ることはありませんでしたが、昨日見つけました!

調べてみると、これって映画「007 私を愛したスパイ」の曲なんですね。てっきりブラジルの曲かと思っていました。

 

 

 

Vangelis「Chariots of Fire」

映画『炎のランナー』も見たことなければ、Vangelisも聴いたことがないのですが、この曲はどこかで聴いた覚えがあって、「夜会にて」を作っているときに、何かのきっかけでこれを検索し、「あ、そうそうおれが今やりたいのはこういう感じ」と思ったのを覚えています。

 

GAO「サヨナラ」

この曲からは具体的にはどこからも影響を受けていません。というのも、僕は「夜会にて」を制作している時はまだこの曲の名前も誰の曲かも、知らなかったからです。もちろんこの曲が流行った当時もこの曲については全く知りませんでした。

じゃあどうしてここに挙げたのかというと、僕は「夜会にて」を作っている時に、自分の中にぼんやりと存在する中学生の頃の郷愁感を出したいと思っていました。

で、どの曲かは思い出せないんだけど、あの頃に1曲胸をギュッと掻きむしるような響きを持った曲があったよなぁとぼんやりと考えていました。結局覚えていたことといえば、「中学生の頃に胸をギュッと掻きむしるような響きを持った1曲があった」ということだけで、その感覚を頼りに作曲をしました。

で、制作後もそのことが気になっていて、自分で当時のヒット曲まとめを検索したりして、とうとうそれが何だったのかを見つけたんです。見つけて聴いたときは、「あ、夜会にてで出したかったのはこの感覚だー」と思いました。

1992年4月リリースの曲だそうで、ちょうど僕が中学1年生ですね。

おそらく中学生の頃はテレビかラジオかで耳にしていたんでしょうね。

きっとこの曲を聴けて制作をやれていたら、もっとこの雰囲気を出せた気がしますが、全く別のものになっていたでしょうね。

全然似てないじゃん。という声が聴こえてきそうですが(まあ上述の通りかなりぼんやりとした印象だけしかなかったので、当たり前と言えば当たり前なんですが)、その「ギュッ」はとても感覚的で、しかも一瞬で通り過ぎちゃうので、もしかすると読まれている方には全く伝わらないかもしれません。

 

 

こんな風に、1曲作るのに、5曲とか6曲とか、多いときは10曲くらいから着想を得ます。

で、大抵はコピーはしません。

コピーしちゃうとそのままになって抜け出せなくなるから、印象だけを自分の中に持ち帰ります。

| about Lamp | 18:02 | - | - |
菅井協太『y533』& Lomboy『South Pacific』 サブスク解禁

僕たちのレーベルBotanical Houseから、

菅井協太『y533』とLomboy『South Pacific』が、SpotifyやApple Music等のサブスク解禁となりました。

 


『y533』はトータルアルバムの趣がとても強く、例えるならビートルズの『アンソロジー2』のディスク2〜『アンソロジー3』のディスク1あたりをダウナーでサイケデリックにしたような世界観。

そんな菅井君の世界観に圧倒される1枚です。

そして、個人的にはそういう音楽に馴染みがない人にこそ聴いてほしい1枚です。

 

ここでは作者には申し訳ないですが、

僕の超個人的で”妄想的な”曲ごとの印象を勝手に書き記してみます。

聴きながら読んでもらえると感覚を分かってもらえる気がするのですが、斜めに読み飛ばしてもらっても結構です。。

 

古い小さな教会での儀式が思い浮かぶような美しさがある冒頭の1「Sweet Bathing」、

それは遥か昔の中国、やむを得ぬ理由で山奥に捨てられた子供、、という悲しさを感じる2「Sunshine」、

その中国の山奥で歩き出す猛獣をなぜか思い出す、、3「Bright Time」、

日が暮れるサバンナで親とはぐれてしまった二匹のサイが鳴く4「Two Rhinos」、

もう誰も管理してないボロボロの温室植物園を歌った5「Botanical Garden」、

68年くらいのビートルズ的な要素が強い6「Jockey's Night」、

Bメロで宇宙の壮大さを感じる7「Sun Break」、

養分のない畑の土を耕す鍬にズームインし続けるビデオカメラような8「Darling People」、

これは3曲目くらいで出てきた中国の虎の歌?9「Tiger Sad」、

10「Bless you」は僕が昔初めて遊びに行った真鶴の菅井君の部屋を思い出します。。その時に聴かせてもらったからだと思うけど。

中国の山奥にある隙間風が酷い一軒宿で、今にも沸騰しそうなヤカンを思い出す11「Boil A Kettle Again」、

最後、冒頭に出てきた古い小さな教会にフラッシュバックする12「Time Flies」。

 

 

聴こえてくるワードやタイトルから曲の内容と若干リンクしているものもあるんですが、

基本的に歌詞は見ないで想像しながら聴いてる(書いてる)ので、上に書いたことはもちろん作者のイメージとは全く別のものです。

 

菅井協太『y533』 Spotify

菅井協太『y533』 Apple Music

 


 

 


Lomboyの『South Pacific』はヨーロッパ発のオリエンタルサウンドが楽しめる1枚です。

ターニャの可憐な歌声と自由奔放なクリエイティビティが光ってます。

 

Lomboyはこの1st以降もリリースを重ねていますが、

僕はこの1st EPが一番好きです。

そしてもちろん一番のオススメがこの1枚です。

 

特に冒頭の「South Pacific」と2曲目の「Same Way」。

この2曲を聴いてピンと来なかったら、多分Lomboyは合わないでしょう。

それくらいこれら2曲は良い感じです。

 

Lomboy『South Pacific』 Spotify

Lomboy『South Pacific』 Apple Music

 

 

どちらも2016年にリリースしたものです。

Botanical Houseでは結構マニアックな音楽性のタイトルばかりが並んでいますが、

音楽的にすごく楽しめるものばかりだと自負していますので、

是非、トライしてみてください。

| about Botanical House | 19:41 | - | - |
灯放送 Extra 配信について

先日、告知しましたLampメンバーによる自主ラジオ配信「灯放送 Extra」ですが、

8月18日(日)22時よりnigatsufilms YouTube アカウントにてライブ配信を行います。

 

配信は約60分の予定です。

 

 

こういう形式のYouTubeのライブ配信って、結構情報が少なく、

使用するソフトも全部英語だし、技術的に上手くいくか心配ですが。。

 

よくある一般的なYouTubeのライブ配信同様、

コメントの投稿も可能となっております。

 

録音ではありますが、

ライブで聴いた方が面白い(気がします)ので、その時間に是非ライブで聴いてみてください。

 

 

| about Lamp | 19:11 | - | - |
灯放送Extra、収録しました

この前の日曜にLampメンバー3人で集まって、灯放送Extraの収録を行いました。

 

今回は3人だけでやるのですが、

永井も香保里さんも(本当は僕もなんですが)、特に自分から何かを言葉で発信したいと思っているわけではないので、

何も話題がなければ特に何も話すことなく、結果的に面白くない放送になってしまうだろうなと考えた僕は、

予め皆さんに質問やお便りを募集しました。

 

お陰様でかなり多くの質問・お便りをいただき(送っていただいた方々、本当にありがとうございます)、

その日、4時間ほどお喋りを収録しまして、それを1時間くらいにまとめました。

 

配信方法や配信日等を改めて告知します。

 

 

| about Lamp | 01:18 | - | - |
Minuano 3rdアルバム『蝶になる夢を見た』

Lampで長年サポートメンバーを務めてもらっている尾方伯郎さん主宰のMinuanoのサードアルバムが明日8月11日にリリースとなります。

 

過去の作品同様に、Lampの榊原がボーカルとして全曲フィーチャーされており、数曲作詞もやっています。

 

また、永井がギターで地味に参加しているほか、僕染谷が4曲目「ソーダ水の想い出」の編曲とディレクションをやっています。

 

 

新作は、僕たちのレーベルBotanical Houseからのリリースとなります。

ここを読んでくれているLampリスナーの方をはじめ、多くの方に聴いてもらえたら良いなと思ってます。

 

 

Minuano  『蝶になる夢を見た』2019年8月11日リリース

 

01.蝶のみた夢
02.春時雨の夜にさよなら
03.終わりのない季節
04.ソーダ水の想い出
05.素敵な時間旅行
06.彷徨う心は海
07.群青の世界
08.流星綺譚
09.蜃気楼
10.夏の幻影
11.機械仕掛けのハートのための不完全な戯曲
12.ダンス
13.真夜中のラウンジ

 

尾方さんが、このアルバムについて、「何か具体的な憧憬があって作ったというよりは、自身の中から自然と出てきた音楽」という趣旨のことを語っているんですが、

僕は、これまでの作品で最も飽きずに長く聴けるアルバムなんじゃないかと、そんな風に思ってます。

 

僕が内容についてあれこれ書くよりも、このダイジェストを聴いてもらった方が良いと思います。

 

 

一聴して「かっこいい」とか、そういう音楽ではないと思います。

少しずつ浸み込んでいくような音楽だと思いますので、

是非、アルバムで聴いてみてください。

 

 

なお、タワーレコードの店舗、ディスクユニオンの店舗で購入された方には、それぞれ特典が付きます、

 

タワーレコード
読み物 鼎談:尾方伯郎(Minuano)×角谷博栄(ウワノソラ)×染谷大陽(Lamp)「Minuanoの時間旅行」他
 

ディスクユニオン
オリジナル特典ポストカード
 

※どちらも無くなり次第終了となります。

 

 

過去の2作、2009年の『Love Logic』と2010年の『ある春の恋人』は、

現在CDは廃盤ですが、SpotifyやApple Music等のサブスクで解禁になったばかりですので、CDを持ってないという方はそちらで是非聴いてみてください。

iTunes StoreでMP3を購入することもできます。

 

| about Botanical House | 19:57 | - | - |
灯放送 Extra

2014年に1年間ほど、「灯放送」というUstreamを使ったラジオ配信をLampメンバー3名+新川忠さんの4人でやっていたのですが、

今月、僕の発案で再び音声を録ってみようと、今回はメンバー3人で「灯放送 Extra」としてラジオ的なものをやってみることにしました。

 

以前は司会進行役を主に新川さんがやっていまして、

お題等は一切決めずにRECをはじめ、ただひたすら時間を過ごす(録れたものを新川さんが編集する)という方法を採っていたのですが、

今回はメンバー3名でやるため、リスナーの皆様から「質問」や「お便り」を募集したいと思います。

 

 

件名を「灯放送 質問」もしくは「灯放送 お便り」として、できればペンネーム付きで下記メールアドレスまでお送りください。

 

lamplightmail@yahoo.co.jp

 

Lampに関すること、灯放送に関すること、その他何でも結構です。

受付は、本日より8月10日24時までとなっております。

 

配信方法や時期は現在のところ未定です。

また、「灯放送 Extra」ですが、今回は思い付きでやるということもあり、とりあえずのところ、第2回以降があるかどうかも未定です。まずは1回やってみて決めようと思います。

 

| about Lamp | 20:47 | - | - |
自分のハードル

色々とやることはある(溜まっている)のですが、

その中の一番優先順位が高い位置にある、「とにかく次のリリースに向けて良い曲を作る」ということを頑張っています。

 

毎度のように言っていますが、

良い曲を作るって本当に難しくて大変で、

まず自分が納得するとか、自分が良いと思うハードルを中々超えてくれません。

 

今はそこを超えられる曲がある程度の数まとまるまで、こうでもないああでもないとやっている時期です。

 

引き続き、頑張ります。

| about Lamp | 00:59 | - | - |
7/6と7/7 トークイベントにゲスト出演

7月6日と7日、それぞれ別のトークイベントに僕染谷がゲストで出演することになりました。

 

以下、詳細です。

 

◆7/6(土)

MONDO GASCARO(from インドネシア)トーク&ミニライブ

Special Talk Show & Mini Showcase

下北沢 ELLA RECORDS

入場無料

15時開場 15時30分開演
司会:小柳帝

ゲスト:Lamp染谷大陽
 

◆7/7(日)

Pied Piper House presents ウワノソラ『夜霧』発売記念トーク+ミニライヴ+サイン会

タワーレコード渋谷店6F Pied Piper House

15:00〜

出演:ウワノソラ(いえもとめぐみ、角谷博栄)、長門芳郎

ゲスト:Lamp染谷大陽

配券種類:サイン会参加券

観覧フリー

詳細は下記より。

http://towershibuya.jp/2019/06/20/135073

 

 

 

 

 

 

 

| others | 18:23 | - | - |
| 1/152PAGES | >>