2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
Lamp ニューシングル「旅人/夢の国」「ブルー」リリース

今年の夏に1枚ずつ、合計2枚のシングルをリリースします。

 

一つが、「旅人」と「夢の国」の両A面 7インチシングル。どちらも北園みなみアレンジの新録曲です。

 

もう一つが、サンフランシスコのシューゲイザー/ドリームポップ・バンドThe Bilinda Butchersとのスプリット7インチシングルで、Lampは「ブルー」というシングル曲をリリースします。

 

 

リリース日程や詳細は下記の通りです。

 

◆Lamp 両A面7インチシングル

「旅人」(作詞・作曲:永井祐介)

「夢の国」(作詞:榊原香保里、作曲:染谷大陽)

両曲ともアレンジに北園みなみ
(初回限定カラー盤)

7月23日 「旅人」、「夢の国」デジタル先行リリース

8月3日より、 7inchアナログ盤 Lamp アジアツアー”A Distant Shore” 各会場先行販売

 

◆ Lamp / The Bilinda Butchers スプリット7インチシングル

Lamp「ブルー」(作詞:榊原香保里、作曲:染谷大陽)
The Bilinda Butchers 「Girlfriend」

(初回限定カラー盤)

8月1日 「ブルー」デジタル先行リリース

8月3日より 7inchアナログ盤 Lamp アジアツアー”A Distant Shore” 各会場先行販売

 

※どちらも一般流通の予定はありません。

 

 

Lamp Asia Tour 2018 “A Distant Shore” ツアー情報詳細

 

Lamp「夢の国」

作詞:榊原香保里 作曲:染谷大陽

All arrangements by Minami Kitasono

 

 

| about Lamp | 23:59 | - | - |
ツアー特典内容について

8thアルバム『彼女の時計』初回盤CDに封入されております特典引換券ですが、

特典内容を変更します。

 

特典内容:
CD
「さち子」
「夜会にて」
「ラブレター」

「Fantasy」

全てアコースティック・ヴァージョン⇒全てデモ・バージョン

 

「さち子」は、初演となる2011年8月22日のライブに向けて、サポートメンバー用に、8月10日に3人でMTRに録ったシンプルなデモ音源です。構成や歌詞、譜割りなどが完成版と違っています。

 

「夜会にて」も、初演となる2014年10月12日のライブに向けて、サポートメンバー用に、9月21日に3人で録ったシンプルなデモ音源になります。こちらも「さち子」同様に構成や歌詞などが完成版と違っています。

 

「ラブレター」は、僕と香保里さんが永井から「こんな曲を作った」と言って聴かせてもらった最初のデモになります。こちらは既にメインのアレンジが施されていますが、完成版にないパートがあったり、構成が若干違っています。

 

「Fantasy」は、初演となる2015年10月22日のライブに向けて、サポートメンバー用に、永井が用意したデモです。こちらもアレンジやサウンドの主要な部分は既に作られていますが、まだ歌詞やテンポが定まっていません。

 

※特典引換を実施するライブはツアー「A Distant Shore 2018」の国内ライブ4会場(福岡、大阪、東京、仙台)になります。ツアー詳細はこちら。
※ 特典引き渡し場所はライブ会場内、引き渡しには、初回盤CDに封入されている特典引換券が必要になります。
※ライブ会場へのご入場は、別途ライブチケットが必要になります。

| about Lamp | 12:24 | - | - |
話す、書く。

今日、久々にこのブログを読み返したら、過去の自分の文章の面白さにびっくりしました。

 

なんかそういうのを読んでたらもっと積極的に文章を書きたい気持ちになってきた。

でも、↑これだけとっても、文章にキレがないので、ちょっと自信が無くなる。

最近の僕の書く文章はキレがないんですね。

文章にキレがないというのは、ものを書く頭が冴えてないということ。

 

そう、文章は、書きたい気持ちがあればいくらでも面白く書ける。

 

時々、ウワノソラの角谷くんから電話がかかってくるんだけど、

彼と電話が始まると、2時間くらい話してしまう。

ずっと音楽や芸術、人生などの話し。

いつも終わらないので、「もう寝るわ」とか適当な理由を付けて切っている。

彼からは切らない。

 

彼との会話は他では話さないような音楽の核心に迫るような面白い話しが沢山出る。

これ、ラジオで流したらかなり面白いだろうなといつも思う。

 

そう、話すと言葉は結構出てくる。

意識しない部分でも、色々と思考をしているんだなということに気付かされる。

 

「話す」って空気に向かって、言葉を無責任に投げ放つようなイメージがある。

形で残らないから、表現もだいぶ気楽で気軽になる。

 

それを「書く」という行為に結び付けることは中々(億劫で)出来ない。

「書く」というのは、「話す」よりも前後関係をきちんとしばければならなく、難しい作業になる。

 

 

最近はまっていてよく聴いているのは、60年代後半〜80年代前半のジルベルト・ジルと80年代前半から中盤のアジムス(発音はアジムチが正しい?)。

 

 

もう寝ます。

 

| others | 00:42 | - | - |
アナログ再プレス盤のこと

『彼女の時計』のアナログ盤(黒)ですが、今回は一般流通があります(タワーレコード、HMV、Amazon等でも取り扱い予定)。

 

永井と、「実際、再プレスして売れるかなぁ」等と話し、

「まあ、5年とか10年とか長い目で見て売っていこう」と自分たちの考えているよりかなり多く再プレスをかけたのですが(プレス枚数が少ないとお金的にはあまりやる意味がないというのもあります)、

やってみたら、かなり早い段階でなくなる気配がしています。

少なくとも自分たちの手元からは。

 

最初、自分たちのレーベルオンラインストアや取扱各店舗で受注及び販売をします。

 

その後、夏のツアーの会場販売用(主には海外向け)に一定数残しておくこともありまして、

Botcanical House含め、各店舗への追加ストックは今後出ません。

 

なので、ライブに来られない方は、今回の販売でお買い求めいただけたらと思います。

 

※国内のライブ会場でも、一会場あたりに持ち込める数はかなり少ないので、その点ご了承ください。

 

 

| about Lamp | 13:40 | - | - |
Lamp『彼女の時計』アナログ盤 再プレスリリースのおしらせ

初回限定カラー盤がレーベルストアで予約完売し、

取扱各店舗でもオンラインは発売後数日で全て売り切れ、

既に店頭でも軒並み完売となっているLamp新作の12インチアナログ盤。

売れ行き好調の為、通常盤として黒盤で再プレスしました。

リリースは6月25日となります。

 

アナログ盤のマスター音源は、24bit/48kHz、

ステレオ2mixにオープンリールを通す等、

CDやデジタル配信とはまた違った温かみのある音を楽しめる仕様となっています。

 

※カラー盤から黒盤になったこと以外、 マスター音源、ジャケット、歌詞カード等の内容に変更はありません。 

 

6月22日のタワーレコード新宿店7階で行われるインストアイベントで、こちらの再プレス黒盤の先行販売を行います。

 

下記でもご予約受付中です。

Botanical House Store

 

 

| about Lamp | 12:07 | - | - |
HMVでのトークイベントのお知らせ

『彼女の時計』がリリースされて半月が経ちました。

アルバムの方はどうでしょうか?

 

トークイベントのお知らせです。

 

新作の発売を記念して、

HMVの渋谷店と日比谷店で、2回に分けてトークイベントを行うことになりました。

 

前編となる1回目は今回Mikikiに『彼女の時計』の記事を書いてくれた天野さんとのトークになります。

新作を中心とした話しももちろんですが、普段僕たちがどういうことを考えているか等分かるような内容になったら面白いかなと思っています。

こちらは3人で2曲ほど演奏もします。何を演るかは未定です。

 

後編は僕の大学時代のクラスメイトであり、僕に音楽を沢山教えてくれた(毎週2枚ずつCDを貸し続けてくれた)HMVの山本勇樹君を迎えて、昔話や少し内輪な話しを交え、好きな音楽をかけながら話したいと思います。

 

どちらもサイン会があります(要参加券)。

 

詳細は下記の通りです。

 

■第1回 前編

2018年6月12日(火)19:00〜
HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペース
トークショー&ミニライブ&サイン会
出演:Lamp、天野龍太郎

観覧フリー
・HMV&BOOKS SHIBUYAにて6/3(日)以降店頭でニューアルバム『彼女の時計』をご購入のお客様には先着で「サイン会参加券」が配布されます。

 

■第2回 後編

2018年6月17日 (日) 17:00〜

HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

トークショー&選曲会&サイン会

出演:Lamp、山本勇樹(Quiet Corner)

観覧フリー
・HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEで、ニューアルバム『彼女の時計』をご購入のお客様に先着で「サイン会参加券」が配布されます。

 

その他詳細は上記リンク先でご確認ください。

 

 

 

| about Lamp | 23:51 | - | - |
Lamp アジアツアー 2018 "A Distant Shore"

 

今年の夏〜秋に、国内とアジアのワンマンツアーを行います。        

Lamp Asia Tour 2018 "A Distant Shore"

8月03日 北京 YUGONG YISHAN
8月04日 上海 BANDAI NAMCO SHANGHAI BASE (FUTURE HOUSE)​
8月05日 武漢 VOX LIVEHOUSE
8月07日 広州 T:UNION
8月09日 深圳 B10 LIVE
8月10日 香港 TTN
8月11日 台湾 The Wall
8月18日 仙台 enn 2nd
8月24日 福岡 Rooms
8月26日 大阪 Pangea
9月08日 ソウル サンサンマダン
9月28日 東京 キネマ倶楽部 

 

全てワンマンライブ、フルバンド7名でのステージを予定しています。

国内は、福岡、大阪、東京、仙台の4か所を廻ります。

国内公演の詳細は、下記の通りになります。


■仙台公演

8月18日 (土)
仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
出演:Lamp
開場:19:00
開演:19:30
前売4000円(1drink 別) 当日4500円(1drink 別)
チケット:5月21日より下記にて販売開始
e+
チケットぴあ(Pコード:115-474)残り僅か
ローソンチケット(Lコード:22608)売り切れ

 
■福岡公演

8月24日(金)
福岡ROOMS
出演:Lamp
開場:18:30
開演:19:30
前売4000円(1drink 別) 当日4500円(1drink 別)
チケット:5月21日より下記にて販売開始
e+
チケットぴあ(Pコード:116-915)残り僅か
ローソンチケット(Lコード:81688)残り僅か


 ■大阪公演

8月26日(日)
心斎橋Live House Pangea
出演:Lamp
開場:17:00
開演:18:00
前売4000円(1drink 別) 当日4500円(1drink 別)
チケット:5月21日より下記にて販売開始

※関係者数を抑え、その分、若干数追加しました(7月4日付)
e+

・チケットぴあ(Pコード:115-290)
ローソンチケット(Lコード:54584)

 
■東京公演

9月28 日(金)
東京キネマ倶楽部
出演:Lamp
開場:18:30
開演:19:30
前売 スタンディング 4000円(1drink 別) /  座席 6500円(1drink 別)
当日 スタンディング 4500円(1drink 別) /  座席 7000円(1drink 別)
お問い合わせ:Botanical House lamplightmail@yahoo.co.jp

 

チケット:

◎レーベルストア先行 (2F指定席のみ実施)
受付:5/19(土)22:00〜(先着)
オンラインストア「Botanical House Store」にて、5月19日(土)の22時00分より販売開始
※お1人様2枚までとなります。 

※チケットは価格6500円/送料600円込みの7100円での販売となります。

 

 ◎オフィシャル先行
受付期間:5/30(水)12:00〜6/17(日)23:59 ⇒抽選
e+ 受付URL:http://eplus.jp/lamp-0928/

 

 ◎一般販売
7/1(日)〜(先着)
e+
チケットぴあ(Pコード:118-402)

 

 

| about Lamp | 11:57 | - | - |
Lamp "1998" M.V. 公開

今回のアルバムのミュージックビデオ3つ目は「1998」という永井の曲。

監督、全てのアイディアと編集、ほとんどの撮影を香保里さん一人でやりました。

 

完成前に見せてもらった時、本当に良くて、

永井もこれを見て、本当に良いと言っていて、

「さち子」のM.V.ですごいと思っていたのですが、改めて香保里さんの映像制作の才能がすごいなと思いました。

 

永井はこれを見て色んな感情が込み上げてきて泣きそうになったと言ってました。

 

最後の方の演奏シーンは、あそこにリキッドルームで撮影した映像を入れる為にとっておいたという、そのアイディア自体も良かったし、

十数年一緒にやってきたサポートメンバーの人たちがこういうものに映ったのは今回が初めてで、そのこともすごくグッと来ました。

 

 

 

 

 

 

| about Lamp | 00:07 | - | - |
Lamp『彼女の時計』限定カラーアナログ盤 予約受付開始

5月15日に一般リリースとなるLampのニューアルバム『彼女の時計』 の限定カラーアナログ盤ですが、

本日、Botanical Houseのオンラインストアで予約受付開始しました。

 

予約受付開始後、沢山のご予約を頂いてます。
当オンラインストア在庫は完売となりそうですので、欲しいという方はお早めにどうぞ。(5月6日 追記)

 

 

盤の色が、黄色と透明と2種類あります。

 

 

こちらのレコードは一般流通の予定はありませんが、Botanical House以外でもいくつかの店舗でお取り扱い予定です。

 

Lamp『彼女の時計』

Side A
1.夜会にて
2.ラブレター
3.1998
4.スローモーション

Side B
1.夢の国
2.車窓
3.誰も知らない
4.Fantasy

BHVL-001 
¥3,200(tax-out)

 

Botanical House Store
【予約商品】Lamp『彼女の時計』初回限定カラーアナログ盤  透明盤 or 黄色盤 

 

| about Lamp | 14:14 | - | - |
今日の演奏曲目等

2018/4/28 Lamp 『彼女の時計』at リキッドルーム


1. 空想夜間飛行
2. 夏に散らした小さな恋
3. 二人のいた風景
4. 夜会にて
5. ラブレター
6. 冷ややかな情景
7. 心の窓辺に赤い花を飾って
8. A都市の秋
9. Fantasy
10. ため息の行方
11. 街は雨降り
12. 愛の言葉
13. 車窓
14. 1998
15. 風の午後に
16. 雨降る夜の向こう
17. さち子
 

新作からは5曲演奏しました。

他、ライブで初めての曲も。

 

幕が開いてスタートするステージ、

そんなに経験ないんですけど、あれ、なんか好きなんですよね。

 

東京のライブは一番緊張します。

 

ライブ、いかがでしたでしょうか?

 

色々と話したいこともありましたが、それはまたそういう機会に。

 

新作、楽しんでもらえたら幸いです。

 

| about Lamp | 01:27 | - | - |
| 1/148PAGES | >>