2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
7/6と7/7 トークイベントにゲスト出演

7月6日と7日、それぞれ別のトークイベントに僕染谷がゲストで出演することになりました。

 

以下、詳細です。

 

◆7/6(土)

MONDO GASCARO(from インドネシア)トーク&ミニライブ

Special Talk Show & Mini Showcase

下北沢 ELLA RECORDS

入場無料

15時開場 15時30分開演
司会:小柳帝

ゲスト:Lamp染谷大陽
 

◆7/7(日)

Pied Piper House presents ウワノソラ『夜霧』発売記念トーク+ミニライヴ+サイン会

タワーレコード渋谷店6F Pied Piper House

15:00〜

出演:ウワノソラ(いえもとめぐみ、角谷博栄)、長門芳郎

ゲスト:Lamp染谷大陽

配券種類:サイン会参加券

観覧フリー

詳細は下記より。

http://towershibuya.jp/2019/06/20/135073

 

 

 

 

 

 

 

| others | 18:23 | - | - |
イチロー引退

イチローもとうとう引退ですね。

 

メジャーリーグ(マリナーズ)に移籍した年、僕は大学4年で、その年は単位にも余裕があって、家でとにかく時間が余ってて、

朝起きて、マリナーズの中継がある時はほとんど見たから、116勝したあの年のマリナーズの主力選手はすごくよく覚えてるなぁ。

イチローは打つし、チームは勝つしで、見ていて楽しかった。

 

時の流れを感じた夜でした。

| others | 01:31 | - | - |
ブログについて考えている

キネマ倶楽部でのライブの後、久々にブログを更新します。

 

このブログを始めた2004年3月以降、

そこから1か月に一度も更新しなかった月はなかったんですが、

先月、2018年10月は一度も更新しませんでした。

 

今確認したら、先月だけでも、このブログへのアクセス数は15049回もあり、

「ああ、これだけのクリック(もしくはタップ)して来た人たちを(一瞬のとても小さなことですが)がっかりさせてしまったな」と思いました。

 

僕はこのブログを始めた時から「更新頻度」を記事の話題にしたことはほとんどなかったと思うんだけど、

それは自分に更新を課してしまうと負担になって続かなさそうだと思ったからで、書いていないときもそのようなことはほとんど書かずに続けてきました。

 

まあでもさすがに最近は更新をしなさ過ぎて、どうかなと思っています。

 

基本的に書くことに対して無理はしない、その時の気分で書くというのを大切にしつつ、発信を続ける方法について考え始めています。

 

前にも少し書いたけど、僕はSNSのような未来に残っていかないものはあまり性に合わないなと感じています。

流れていってしまう情報。

そういう中に生きているのかもしれないし、実際残したとしてもほとんど振り返りも振り返られもしないのかもしれませんが。

 

ブログが既に前時代的なフォーマットであると感じつつも、形式としてはかなり自分に合っているなと思うんです。

 

で、このJUGEMのブログサービスはスマートフォンから見るとだいぶ見づらいので、

どこか別のサービスに移行しようかとも考えているのですが、

あまりここだと思えるところがありませんでした。今のところ、見つかっていません。

 

Lampの活動情報や、聴いた音楽の感想や紹介記事、日々の事などを大して整理せずごちゃまぜに書いている時期が一番楽しかったし、

それはおそらくここを読んでくれている人もそうだったと思うので、

そういうことも含めて、少し考えてみたいなと思っています。

 

 

 

 

| others | 21:50 | - | - |
話す、書く。

今日、久々にこのブログを読み返したら、過去の自分の文章の面白さにびっくりしました。

 

なんかそういうのを読んでたらもっと積極的に文章を書きたい気持ちになってきた。

でも、↑これだけとっても、文章にキレがないので、ちょっと自信が無くなる。

最近の僕の書く文章はキレがないんですね。

文章にキレがないというのは、ものを書く頭が冴えてないということ。

 

そう、文章は、書きたい気持ちがあればいくらでも面白く書ける。

 

時々、ウワノソラの角谷くんから電話がかかってくるんだけど、

彼と電話が始まると、2時間くらい話してしまう。

ずっと音楽や芸術、人生などの話し。

いつも終わらないので、「もう寝るわ」とか適当な理由を付けて切っている。

彼からは切らない。

 

彼との会話は他では話さないような音楽の核心に迫るような面白い話しが沢山出る。

これ、ラジオで流したらかなり面白いだろうなといつも思う。

 

そう、話すと言葉は結構出てくる。

意識しない部分でも、色々と思考をしているんだなということに気付かされる。

 

「話す」って空気に向かって、言葉を無責任に投げ放つようなイメージがある。

形で残らないから、表現もだいぶ気楽で気軽になる。

 

それを「書く」という行為に結び付けることは中々(億劫で)出来ない。

「書く」というのは、「話す」よりも前後関係をきちんとしばければならなく、難しい作業になる。

 

 

最近はまっていてよく聴いているのは、60年代後半〜80年代前半のジルベルト・ジルと80年代前半から中盤のアジムス(発音はアジムチが正しい?)。

 

 

もう寝ます。

 

| others | 00:42 | - | - |
取り留めも無く箇条書き 20161005

最近、ふと考えたことや頭に浮かんだこと、近況等を取り留めも無く箇条書き。

 

・アルバム10枚残したら超立派。12枚出したらビートルズ並み。

・経験上、良い録音を残すには、後から処理次第でどうにでもなるような録り方をせずに、その場で決め打ちした方が結果が良い。

・Beto Guedesが最近色んなSNSに力を入れてるのが気になってる。

・バンドって人生のように儚いもの。というか、あらゆるものが儚い。

・ライブ前の誰がステージの真ん中に立つかの議論が毎回面倒くさい。永井は一度も真ん中に立ったことが無く、真の頑固者。永井が真ん中に立った時、それは彼が本気になった時(だと個人的には思ってる)。期待してます。

・永井がまだ新曲を聴かせてくれない。昨年の12月に作ったっぽい2曲。

・忙しい中、急に引っ越さなければならなくなった。

・数年振りに作詞の作業中。

 

 

| others | 14:54 | - | - |
素敵であればあるほど、哀しみが大きい。
物事全て、自分にとって素敵であればあるほど、哀しみが大きい。
最期に何か言うか言わないか、
本当に迷うし、
それは自分でも分からない。

言いたいけど、言ったらもっと哀しい気持ちになる気がして。

 
| others | 02:16 | - | - |
風邪
先週の土曜日辺りからずっと体調が悪いです。
熱が出たり、頭痛があったり、喉が痛かったり。

風邪は2年くらい引いてなかった気がするんだけど、、これは風邪ですね。

早く良くなるといいな。
| others | 23:47 | - | - |
音楽に対して
今日は、夜遅くまで、シコ・ブアルキ、ベト・ゲヂス、イヴァン・リンス、ミルトン・ナシメントを聴きました。

最近は、音楽を聴くことに対する意欲や興味、楽器や音色に対する興味、音楽を作る楽しさがすごく強くて、
ここ7〜8年はそういう気持ちが、若干ではありますが、薄らいでいたので、
ここ最近の自分にちょっと驚いています。

元々音楽を聴くことは好きだったんですが、
楽器に対する興味は、(音楽を作る者としては)だいぶ薄かったんです。
最近は、好きな音楽を聴いて、こういう音色が使いたいとか、こういう楽器を使ってみたいという気持ちから、
楽器や機材に対する興味が大きくなっています。

今は、それらの気持ちの相乗効果で、制作に対する気持ちが自分の中で日に日に増している感じで、日々楽しめています。

明日は3人で新曲群の練習です。
 
| others | 02:13 | - | - |
遠い季節をおもう
今日はとても寒い一日でしたね。


遠い夏や遠い冬を想うっていいなと思います。

自分が歌詞を書くとき、そういう気持ちで書くことが多いかなと思います。


夏の暑さの中で夏の曲を考えるというのではなくて、
夏だったら、冬の寒い日がまるで幻のように思えるし、
また、今日のような寒い日だったら、夏の日差しが強い日なんかを思い出そうとすると、夢の中の世界のような気がします。


僕は谷内六郎の色の使い方が好きで、たまに新潮文庫の画集(タイトルは『谷内六郎展覧会』)を覗くのですが、
「冬・新年」、「春」、「夏」、「秋」と、
季節ごとにそれぞれ1冊ずつ分かれておりまして、
今だったら、冬の巻を覗くよりも夏の巻を覗いたほうが味わいが深い感じがするんですよね。

不思議です。

歌詞にも通じるなと思います。


もちろん冬に冬の曲を聴く愉しみも、それはそれであると思いますけど。

「さち子」とか「八月の詩情」が合う季節がやってきた感じです。
| others | 00:44 | - | - |
「こぬか雨はコーヒーカップの中へ」開設から10年
このブログを始めたのが、2004年3月28日
2ndアルバム『恋人へ』リリース後ですね。

もうすぐ開設から10年となります。
けっこうすごいですよね。
記事数は1290だそうです。

1年に129。1ヶ月に10か11くらい。3日に1回のペース。
最近は告知ばかりですけど。

Lampの情報をお知らせするときは、いつもワクワクした気持ちでこのブログに記事を投稿してきました。
曇り空が晴れるような、パーっていう感じ、です。
過去の記事を読むとその日の気分や雰囲気を思い出します。

10周年ということで何か企画をしたいなと思ったんですが、
投稿しようと思って、これはまずいとか、いまいち上手く書けなくて非公開のままの記事を公開してみようかな。
どういう企画なのかよくわかんないですけど、今このブログの総記事数の上に非公開の記事の数というものが表示されておりまして、ふと思いました。

ちょっともう一度考えてみます。


僕、4月に引っ越します。



追記:この記事にも雰囲気がありました。


 
| others | 01:40 | - | - |
| 1/17PAGES | >>