2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
佐々木昭一郎 夢の島少女
11月6日の朝9時にNHK BSプレミアムで佐々木昭一郎の「夢の島少女」が放映されるようです。


LampMV撮影陣(要は僕らと脇田)が影響を受けまくった作品です。

これは、皆さん、見たほうが良いですよ。



2004年11月10日の記事 「夢の島少女」

これを書いてから10年、
NHK放送センターのNHKアーカイブスコーナー含め、4回か5回見ました。
| movie | 00:55 | - | - |
「四季・ユートピアノ」をみて
今日、佐々木昭一郎の「四季・ユートピアノ」をビデオで観ました。



やはり主人公が同じなだけに最高傑作「夢の島少女」と比べてみてしまう。
まだ、僕は彼の作品を4本しか見ていないので、何とも言えませんが、
なんだか「さすらい」や「夢の島少女」あたりの(頃の)鋭さが失われている感じがした。
けしてこれ自体でみれば、悪く言うような内容ではないのですけど。

作品って得てしていくつも作り続けていくうちに段々細かい部分を求めていくようになると思う。作っている側は。
これを観て思ったのは、〈初期の衝動的なざっくりした感触〉、それをそのまま作品としてしまったほうが、結果的にいいものを生むのかなぁということです。

漠然と映像に対する感覚、一つ一つのアイディア、手法、それらがマンネリ化するのはもちろんですが、凝り始めるのもやはり全体的に散漫な印象になり良くないなぁと思ったわけです。

しかしながら、作っているものに一貫性を感じ、すごいなぁと思いました。
上に書いたことと矛盾するようですが、「常に、進歩的であり、そして一貫性を持たせる。」
それがベストですね。
要は、観た人(受け手)に良いと思わせる(思われる)こと、それが全てです。
| movie | 04:06 | - | - |
佐々木昭一郎作品の放送
以前このダイアリーに書いた佐々木昭一郎氏の映像作品「夢の島少女」(記事リンク)をはじめとする全16作品が6月5日からとうとうテレビで放送されます!
少々押し付けがましい言い方ですが、ものすごくいいので、皆さん、絶対にお見逃しないように。
録画の用意をしましょう。



日本映画専門チャンネル
6/5(月)〜6/29(木)
毎週月〜木・よる8時(再放送は翌週月〜木、あさ放送)
詳細リンク

普段、Lampの映像やホームページ、写真など色々と協力してくれている高校時代の友人、脇田君も佐々木昭一郎氏の作品が大好きで、今回の放送に、二人でかなり盛り上がっています。
僕らはVHSしかなくて。
出来ればDVDで残したいのですが。

このテレビでの放送を教えてくれた「都市色」さん、本当にどうもありがとうございました。
| movie | 01:27 | - | - |
夢の島少女


映像作家、佐々木昭一郎の『夢の島少女』という1974年の映像作品がある。
4年位前にNHKアーカイブスで放送された。僕はその時にはじめてこの作品と佐々木昭一郎の存在を知った。

僕はそのドラマ(というにはあまりにもすごい作品!)の終わりの15分程度しか見られなかったのだが、その映像を見た瞬間に僕はすぐビデオに録画した。



「これは間違いなく僕の人生で最上の映像作品だ!」と確信した。見れたのはもちろんその15分間だけだけれどもそう思ったのだ。物凄い衝撃だった。

少女(中尾幸世)があまりにも美しすぎる。女性美の極限とでもいうべきものがここに表現されているのです。



僕は今まで何度も録画した終わりの15分の映像を見てきた。
残念なことに『夢の島少女』はどこにも売られていない(もちろんレンタルもされていない)。

NHK放送センターでNHKアーカイブスで放送されたものが見られることを知っているが、まだ僕は見に行けてない。『夢の島少女』を公共の場で見るという気分になれないでいる。でも、いつかは見に行こうと思っている。

押し付けがましいようですが、この『夢の島少女』は日本の全若人に見てもらいたい作品であります。

今日、この『夢の島少女』について書いたのは、友人が「観に行った」と言っていたからであります。





夢の島少女

もし暇でしたら《夢の島少女》で検索してみて下さい。この作品を見た多くの方が物凄い衝撃を受けているのがわかると思います。
| movie | 04:38 | - | - |
| 1/1PAGES |