2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
プリメインアンプとスピーカーを替えました。
自分の部屋で使っていたプリメインアンプの電源が入らなくなり、さらにスピーカーもエッジが破れたため、
先々週から先週にかけて音楽を聴く環境を一新しました。

あんまりお金が無いということや新しいものにあまり興味が沸かないということ、古い音楽に古い機材で昔の人の気分を味わいたいということ等々あり、いつも数十年前の中古機材を買うのですが、
今回は、LUXMANのL-530というアンプとONKYOのD-77XDという1本30kgもあるスピーカーを頑張って部屋に運び入れました。
これ、スピーカースタンドだけでも1台11kgもあります。

実際鳴らしてみてやはり大きいスピーカーは低音が難しいなと思いました。


VictorのSX-3という、こちらも(現代のスピーカーと比べると)中々大きなスピーカーを持っているのですが、
音の傾向は柔らかくて大好きなのですが、やはり低音が膨らみ過ぎてしまいます。
ちゃんとしたスタジオなんかで使えば別でしょうけど、所謂普通の部屋ですと難しいです。


以前、LUXMANのL-58AというプリメインアンプとONKYOのD-77MRXというスピーカー(ONKYOのD-77XDの後継機)を繋いで感動したことがありまして、
それ以来、自分の部屋でもそんな感じの組み合わせで音楽を聴きたいなという気持ちがずっとありました。
そしてこの機会に購入に至ったわけです。


今回、実際にONKYOのD-77XDを聴いてから、小型のスピーカーに興味が出始めました。
特に海外メーカーのものを聴いてみたいです。






 
| music-others | 22:41 | - | - |
カレーを作った
Twitterというのは、140文字しか書けなくて、
いかに自分が文章を短く書くのが向いていないかを思い知らされることが多いのですが、
今日はこんな感じでした。

「今日永井がうちに泊まりに来るからカレーを作りました。最近、カレーを作ってみたいという思いが強くなり、袋入りの業務用スパイスを15種類くらい買ったんです。ネットで作り方の基本を調べ、そこに自分の好きなお店の味に近づくよう工夫を加えてみたら結構上手くいった。」
で残り13文字。
一応まとまってはいますね。

続きがあるなら、次のツイートととして書けば問題ないわけですけど。
まとまらないときは、「いいや、ブログに書こう」という感じになります。

前も同じようなことを書いたかもしれませんが、
僕は文章が長くなってしまう傾向にあるので、ブログ等文字数に制限がないものの方が合っていると思ってます。


続きですが、
先週、初めてスパイスからカレーを作りました。
今日は、その反省点を書いたノートとインターネットで調べた作り方を見ながらやったこともあり、大分良くなりました。

今日も、念のため、今日のプロセスと反省点をメモしました。

もっと理想の味(があるんですけど)に近づけたいなと思います。
| music-others | 21:05 | - | - |
Phil Moore and His Orchestra

Phil Moore and His Orchestra 『Polynesian Paradise』1959年

どこまでもエキゾチックな一枚。
友人に聴かせてもらいました。

鳥の声から、木琴、鉄琴、笛、パーカション、スチールギター、ハープなど様々な楽器満載の優雅なアルバムです。
これでリゾート気分が味わえるかはわかりませんけど、良い雰囲気です。

詳しくはわかりません。
| music-others | 02:01 | - | - |
| 1/1PAGES |