2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
【Lomboy『South Pacific』プレ・リリース・ライブ】のお報せ

先日、TwitterFacebookに音源付きで投稿したところ大分反響がありましたベルギーのLomboyですが、
10月に僕等のレーベルBotanical Houseより5曲入りのCDをリリースすることが決まり、
それに合わせて、8月と9月にプレ・リリース・ライブを行うことが決まりました。

 


Lomboyは、オーストリア生まれ、ベルギー在住の女性SSW、Tanja Frintaのソロ・ユニットで、

楽曲も周りのサポートを得ながらも、基本的には彼女一人で作っています。
今回の一連のライブはターニャさんがボーカルの他、ギターとサンプラーを担当します。サポートとして、僕(ギター)や永井(ベース)も参加します。

 

Lomboy演奏メンバー

Tanja Frinta 歌、ギター

染谷大陽 ギター

永井祐介 ベース

渡辺悠太 キーボード

尾方伯郎 パーカッション

仲本興一郎 サックス

 

 

ライブは全部で3回やるのですが、それぞれのライブをご紹介したいと思います。

 

Lomboy『South Pacific』 Pre-Release Shows
Vol.1 8月26日(金) 大久保 ひかりのうま w/ Lamp
Vol.2 9月3日(土) 三浦 シーボニアマリーナ Vol.2は中止となりました。
Vol.3 9月10日(土) 下北沢 440 w/ SaToA

 

 

1回目は、大久保の「ひかりのうま」というこじんまりとしたお店で行います。
この日は、僕たちLamp3名とパーカッションのおがたさんの計4名でLampのアコースティックステージも予定しています。
Lampは新しい曲を中心に5曲ほど演奏する予定です。
お店が広くないので、限定30名のライブとなります。

 

 

9/3(土)に開催予定でした「Vol.2」は、会場側の都合により中止となりました。

ご予約いただいた方々、申し訳ありません。

 

2回目は、三浦半島の先の方にある「シーボニアマリーナ」という場所でやります。
この日はLomboyの単独ライブを予定しています。
都心からはだいぶ離れていますが、夏の海をまん前に、写真の通り、まさに《South Pacific》なロケーションで、

最高のライブになるのではないかと思います。
(先日、下見に行ってきました!)
こちらは完全予約制のライブとなります。

 

 

 

 

 

ラストの3回目は下北沢の440でやります。
女の子3人組のSaToAとのツーマンライブとなります。
SaToAは、昨年のKidsaredeadの恵比寿でのライブでも対バンで出演してもらいましたが、個人的にめちゃくちゃ好きなグループで、
楽曲からもそのピュアネスが滲み出ていて、是非聴いて欲しいです。

音源も良いですが、ライブはライブでまた違った良さがあるので、是非聴いて欲しいです。

Soundcloudで聴ける3曲がどれも良いので、全部貼っておきます。

 

 

 

 

 


以下、それぞれのライブの詳細です。
末尾に予約方法も掲載しています。
------------------------
Lomboy『South Pacific』 Pre-Release Shows

 

Vol.1
8月26日(金)
大久保 ひかりのうま
Lomboy / Lamp
前売2500円 / 当日3000円 (1ドリンク別) 予約受付終了(7月26日18時20分)
ご予約は30名で締切となります。
18時30分開場 19時30分開演
東京都新宿区百人町1-23-17-B1

 

Vol.2
9月3日(土)
三浦 シーボニアマリーナ
Lomboy
2500円(予約制・1ドリンク500円別)
ご予約先着20枚様までとなります。
17:00開場 18:00開演

 

9/3(土)に開催予定でしたVol.2は、会場側の都合により中止となりました。

ご予約いただいた方々、申し訳ありません。

 

Vol.3
9月10日(土)
下北沢 440
Lomboy / SaToA
前売2500円 / 当日3000円 (1ドリンク600円別)
12:00開場 13:00開演

 

◎ご予約方法◎
件名を「 Lomboyライブ (ご希望の日にち)予約希望」とし「お名前、人数」を添えて、「 lamplightmail@yahoo.co.jp 」までメールを送信ください。メールの返信をもって予約受付完了となります。
入場は当日先着順となります。

本日から予約開始です。(2016年7月25日)


 

| about Botanical House | 18:03 | - | - |
5月14日 FMおだわら「象の小規模なラジオ」
5月14日(土) 深夜1時からFMおだわら78.7MHzで放送されます「象の小規模なラジオ」に菅井協太くんが呼ばれ、
僕も一緒に出演し、しゃべったり、選曲をしたりします。

同時間帯に、パソコンやスマートフォンなどでも聴けるようです。
聴き方は、こちらに詳しく載っています。
『象の小規模なラジオ』の聴き方

本放送:5月14日(土) 25時〜26時
再放送:5月19日(木) 23時〜24時

面白い話しが沢山聞けると思いますので、
もし良かったら聞いてみてください。

 
| about Botanical House | 09:55 | - | - |
新川忠 2タイトル同時アナログ化
こんばんは、染谷です。

Lampの『ゆめ』収録の「ため息の行方」でボーカルをとってもらった新川忠さんの3rdアルバム『Paintings of Lights』と、彼の2003年の1stアルバム『sweet hereafter』が7月上旬にアナログ盤で同時リリースされることになりました。


『Paintings of Lights』2015年作品 (Botanical House)



もう知っている方も多いと思いますが、
『Paintings of Lights』は僕等のレーベルから出した作品で、内容はお墨付きなのですが、
1stアルバム『sweet hereafter』の方も、実を言うと、個人的に『Paintings of Lights』以上に好きな作品でして、
また、多くの人にアナログ化を期待されていた作品でもあります。
「この作品こそレコードで聴きたい」という方、多いのではないでしょうか。
想像すると、たまらないですよね。
 
ちなみに、テストプレスを永井と一緒に聴いたのですが、
永井は『Paintings of Lights』の方がアナログにした時のマッチングが良いと感想を述べてました。



『sweet hereafter』2003年作品 (Memory Lab)




どちらの盤もBotanical Houseで予約を受付中です。
レコードということで、なくなったらそれまでということも多々有りますので、お早めにどうぞ。
特に『sweet hereafter』は10インチ盤と珍しいこともあり貴重なものとなると思います。
| about Botanical House | 23:15 | - | - |
菅井協太的ソフトロック
先日、こちらに掲載しました菅井君のビートルズ「フリー・アズ・ア・バード」のカバーに続いて、
今回は、菅井君がやはり2004年くらいに宅録したソフトロック曲のカバーをアップしました。

ソフトロックといっても、菅井君がやると、自分がイメージするソフトロック像とは観点が違うというか、
だいぶかけ離れた雰囲気になるんですよね。

僕は所謂渋谷系は全く通過してこなかったのですが、
渋谷系を通過した友人からソフトロックの名盤の数々を教えてもらったため、
そういう視点で捉えている部分が多くあるのですが、
菅井君は60年代ロック〜サイケロック方面からソフトロックに入っていった人なので、
そういうところが出ているのかもしれません。

選曲の妙含めてお楽しみください。

1曲目がビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』に入っている「駄目な僕」。




2曲目はハーパース・ビザールの『シークレット・ライフ』から「Sit Down You're Rocking The Boat」。








 
| about Botanical House | 21:21 | - | - |
菅井協太『y533』 アルバム・トレーラー

4月8日にボタニカルハウスからリリースする菅井協太の『y533』のトレーラーを公開しました。

映像を担当したのはLamp榊原香保里です。

アルバムから8曲をピックアップして作ったトレーラーですが、
1つの曲に聴こえるくらい、 アルバム自体が1つのムードを持っています。
僕はこんなアルバムは他にないと思う。

これが菅井くんと僕との集大成という気持ちです。
こんなに素晴らしい作品をリリース出来て幸せです。

是非いつもより少しだけボリュームを上げて、 聴いてみてください。

| about Botanical House | 20:46 | - | - |
菅井協太『y533』 4月8日リリース
4月に僕らのレーベルで菅井協太くんの3rdアルバム『y533』をリリースします。


菅井協太 『y533』2016年4月8日
全12曲
BHRD-005
2450円(税別)

今日は、僕たちLampと菅井君との関わりについて、書いてみたいと思います。

僕が菅井君の存在を知ったのは、2003年にリリースされた『The Many Moods of Smiley Smile』というコンピレーションアルバムにお互いが参加したことがきっかけでした。
そこに収録されていた「Freak Show」という曲の音楽的な質の高さと異様さに魅了されました。2003年に行われた同コンピのライブイベントで、彼に会うことが出来、そこで連絡先を教えてもらいました。

その翌年、Lamp『木洩陽通りにて』の制作のときに、「紙魚だらけの唄」という曲のアレンジを彼に依頼し、直接的な関わりを持つようになりました。
この曲のアレンジをどうするかを相談する為に彼の自宅に行った際に、彼が作り溜めていたオリジナル楽曲群を聴かせてもらったのですが、その内容があまりにも素晴らしく、僕は彼の録音した楽曲のWAVデータほとんど全てを貰って帰り、それ以来何年間も彼の音源を聴き続けてきました。今考えるとだいぶ図々しい行為だったと思うのですが、それくらいはまりました。

中には覚えている方も居るかもしれませんが、
2005年に『木洩陽通りにて』のリリース記念ライブで、彼に前座で出演してもらい、そのバックバンドを僕らが務めた事もありました。

その後も、永井の協力を得つつ、彼のライブバンドのサポートをやったり、他の名義でのリリースを手伝ったり、ダニエルのレコーディングに招いたり、一緒に富士山に登ったこともありました。
富士登山はどうでもいいことですが。。
勝手に彼のMySpaceアカウントを作り、管理していたこともありました。
だいぶおせっかいですね。
という感じで、色々と関わりを持ち続けてきましたが、この度、とうとう自分たちのレーベルから念願の彼の3rdアルバムをリリースできることになったのです。


今回のアルバムに収録されている曲は、彼が2ndアルバム『Madonna』以降に作ったもので、そのアルバムに収められているタイトル曲「Madonna」の流れを汲むダウナーな楽曲が並んでおります。
今の時代、こういう音楽性自体がとても貴重だと思いますし、また内容も全曲良いので、これは是非CDで持っておきたい1枚です。

彼が影響を受けた音楽として、一部書くと、60年代後半のビートルズやビーチボーイズ、それと、シドバレットやピーターアイヴァースの名前が挙がります。ジョージ・ハリスンやドノヴァン、グランジじゃない方のニルヴァーナなんかも好きだと聞きました。
サイケ・ファン、ソフトロック・ファン、ムードミュージック・ファンは、はまってくれるんじゃないかと僕は思います。

まだアルバムからの楽曲は公開できませんが、今日は、僕が2004年に彼の家に遊びに行ったときに、「そういえばこんなものも録りました」と言いながら聴かせてくれた、ビートルズの「Free As A Bird」のカバーをYouTubeにアップしましたので、聴いてみてください。すごく独特な感じが出ていると思いますし、とりあえず、菅井君の歌声の良さを感じてもらえるかと思います。





音楽において、時代は、ライブが重要視され、録音物を愉しむという風潮が段々なくなっていると思うのですが、
僕はこれからも、録音物でしか感じることの出来ないある雰囲気(それは言葉には出来ないのですが)を持った作品が生まれることを楽しみにしていますし、そういう流れがまたいつか生まれたらいいなと思います。

今回、ジャケット含め、CDのデザインは全面的に香保里さんが担当し、ここを読んでいる人にはそこら辺も楽しんでもらえるかと思います。

 
| about Botanical House | 20:55 | - | - |
10/17福岡予約 若干名、再募集
10/17の福岡天神風街珈琲店でのLamp/Kidsaredeadのライブですが、
キャンセルが出たため、ご予約を若干名再募集いたします。
受付終了いたしました。ありがとうございました。

ご希望の方は、件名を「10/17福岡風街珈琲店予約希望」とし、
lamplightmail@yahoo.co.jpまで、お名前をお知らせ下さい。

なお、今回、少数の再募集となります為、ご予約は複数名様はお断りさせていただきます(お一人1名様まで)。

こちらからの返信メールを持ちまして、予約完了とさせていただきます。
先着順のご案内となります。
お待ちしております。

以下、イベント詳細となります。
---------------------
10月17日(土)福岡
場所:天神 風街珈琲店
出演:Kidsaredead、Lamp
予約3000円 当日3500円(1ドリンク別)
開場19:30 開演20:30
---------------------


*******************************

また、翌日の10/18の大阪梅田ムジカ・ジャポニカでは、
開演前の物販は無しとなりまして、
物販は終演後のみとなりました。
ご了承ください。
※他の会場は全て開演前、終演後に物販があります。



 
| about Botanical House | 00:11 | - | - |
Kidsaredead 『Klouange Skyline』発売されました
今日、Kidsaredeadのデモ曲集CDの発売日でした。

CDが売れないと言われてる世の中で、こういうマニアックなものを取り扱ってくれるお店は有り難いですね。

タワーレコードの新宿、池袋、渋谷、横浜ビブレ、梅田、梅田NU茶屋町店等では、それなりの数を入荷してもらえていますので、そちらに足を運んでいただけたら確実に入手できるかと思います。特典も付きます。

明日あたり、僕も都内のタワーレコードに足を運んでみようと思っています。


Kidsaredead 『Klouange Skyline』2015年9月1日リリース
| about Botanical House | 00:54 | - | - |
Kidsaredead ―You Always Break My Heart In Two
僕らのレーベルBotanical Houseより9月1日にリリースしますKidsaredeadのデモ曲集『Klouange SKyline』。
その中からポップなナンバー「You Always Break My Heart In Two」をSoundCloudにアップしました。

この曲はこれまでKidsaredeadのイメージと少し違う曲だと思います。



ドラムの音がトッド・ラングレンの『魔法使いは真実のスター』っぽい音です。

聴いて気に入ってもらえたら、是非CDを買ってください。
タワレコ店頭で買うと、先着で「The Saga Of The Boredom Kingdom」という曲が付きます。これは多分初回分のみになると思います。

そして、Lampと一緒に回ることになった10月の来日ツアーにも是非来てください。



 
| about Botanical House | 21:06 | - | - |
Kidsaredeadの「I met Karl Blau」
9/1にリリースするKidsaredeadのデモ曲集『Klouange Skyline』より「I met Karl Blau」をSoundcloudにアップしました。

いくつもの展開を見せる、このアルバム屈指の名曲だと僕は思っております。




今年10月には来日ツアーもあり、
これはこの才能を生で見られる貴重な機会なわけでして、絶対足を運んだ方が良いと思いますよ。


 
| about Botanical House | 21:13 | - | - |
<< | 2/4PAGES | >>