2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 2011年度版 ザ・ビートルズ公式録音213曲の人気投票 | main | 電話で話した >>
Dwele

あまりこういう種類の音楽に馴染みもなく詳しくないのですが、Dweleという人の音楽がすごく良いです。




こちらは最新4thアルバム『Wants World Women』(2010年)収録の「My People」。
Stevie Wonderとか連想します。
この曲はほどよくジャジーで、かなり良いですよ。





こちらは1stアルバム『Subject』(2003年)より「Twuneanunda」。
ひたすら心地良い。






こちらは3rdアルバム『Sketches of a Man』(2008年)より「A Few Reasons (Truth Pt. 2)」。
このアルバムがお店でかかっていて知りました。
メジャーセブンスを挟むタイミングとかすごく良い。


トータルで一番好きなのがこちらの2ndアルバム。

Dwele 『Some Kinda』2005年

聴いていると、Marvin Gayeの『離婚伝説』が好きなんだなとか、そういう瞬間があって、にやっとしてしまいます。




「My Lova」。
コーラスが気持ち良過ぎる。
2ndアルバム『Some Kinda』に収録されているものとちょっとミックスが違うような気がします。

フェンダーローズを中心として、ほぼ全ての楽器を自分でやっているマルチ・プレイヤーぶりから、Shuggie Otisの現代版みたいな感じでしょうか。
コード進行がすごく良い。

ついでに、マック・カフェのCMの曲がめちゃくちゃかっこいいので、こちらも載せておきます。カーティス・メイフィールドをジャジーにしたような感じで、たまりません。



こういう音楽がもっとあれば聴きたいのですが、
なかなかツボを突いてくるのがない。

Dweleは声も曲もサウンドもかなり好みでした。

Stevie Wonder、Marvin Gaye、Leroy Hutson、Isley Brothers、Shuggie Otis、Curtis Mayfield、Mizell Brothersあたりが好きな人は、好きかも知れません。
古いのしか挙げられなくてすみません。
| music-soul music | 14:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | - |