2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 雨のメッセージ | main | 音源を聴きました >>
愛の言葉
愛の言葉

 

永井の作った曲で、これも「明日になれば僕は」同様、かなり古い曲です。

2ndアルバム以降、永井と僕とで、曲を作った人がアレンジも担当するというのが通例なのですが、永井は古い曲をアルバムに入れたがらないので、アルバムにこの曲を収録する交換条件として、アレンジは僕がやることになりました。

 

この曲は、『恋人へ』リリースに先立って、『Tokyo Bossa Nova』というコンピレーション・アルバムでボサノバ調のテイクでリリースされました。
ボサノバ調と16ビート、どちらにも良さがあると思っていた僕らは両方のヴァージョンをリリースすることにしました。

 

ボサノバ調の「愛の言葉」は永井と香保里さんがアレンジをしたのですが、それを気に入っていた僕は、『恋人へ』収録ヴァージョンのアレンジの際、アイディアの半分くらいをそのままもらい、作り上げました。

特に2回目のブリッジ以降の香保里さんのコーラスがとても良く、気に入っています。

 

最後のヴァースの部分は、永井の素直で美しいメロディが基本にあったからこそ、和声を変えるアレンジが活きたのだと思います。

 

染谷大陽(2007219日)

| self liner note | 02:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:34 | - | - |