2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 音源を聴きました | main | 泡沫綺譚 >>
恋は月の蔭に

恋は月の蔭に

 

とても美しい曲だと思います。
曲としての完成度が高く、自分で言うのもなんですが、これが出来たのは、奇跡だと思っています。
奇跡と言ったのは、偶然も手伝っているから。

当時、「今まで作っていなかった雰囲気のものを」という気持ちで作曲したのですが、ここまでの出来の曲が自分に作れるなんて思っていませんでした。
今でもこの曲を作った満足感があるくらいです。

 

曲の美しさに対する気負いがあった所為か、レコーディング自体、どういう方法で録ったら良いのかあまりイメージが出来ず、結局、歌とギターをライブのように三人で同時録音し、そこに、ヴァイオリンやテナー・サックスなどを重ねて完成させました。

 

曲だけでなく、作った歌詞の雰囲気などもとても気に入っていて、今でもライブで演奏することの多い曲です。

 

染谷大陽(2007219日)

 
| self liner note | 00:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | - |