2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 自分の文章を読み返す | main | 1970年 恒田、染谷ぬける >>
鈴木翁二にロー・ボルジェス
連日の過去の文章の話題ですが、今日はこちらの文章を。

当ブログ、作曲カテゴリに書きました「ノスタルジア」。

少々長めですが、お時間がある方はどうぞお読みになって下さい。



そちらの末尾に以下のようなことを書いています。
-----------------
僕が何を言いたかったかと言いますと、
音楽聴いて、漫画を読んで、
「とても切ないです」と言いたかったのです。
-----------------


この時具体的に明かさなかったのですが、
この日僕が聴いていたのはロー・ボルジェス。
とても切ない音楽です。

そして、読んでいたのは、鈴木翁二の漫画。確か『東京グッドバイ』か『マッチ一本の話』。
これまたとても切ない漫画なんですね。


ブラジル音楽とガロ。

あまり結ばれそうにない二つのものですが、どちらも僕の胸に「切なさ」を伴って強く訴えかけて来るものでした。

全然別のものなのに、どちらも自分に同じように強くリンクしたんですね。
ここに共通するものが今の自分のテーマなんだと思いました。


この日に『東京ユウトピア通信』の全体的なアイディアの着想を得ました。


そして、僕は「君とぼくとのさよならに」と「恋人と雨雲」を作り、その時既に出来ていた他の曲と併せて、完成まで進めたのでした。


| about Lamp | 01:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:29 | - | - |