2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 今後の永井君に期待してます | main | Lamp official website、復旧しました。 >>
只今、Lamp official websiteが繋がらなくなっております。
只今、Lamp official website(lampweb.jp)の方が繋がらなくなっております。
復旧しましたら改めてお知らせいたします。


----------------

今日は、「自分にとっての音楽」ということをちょっと書いてみようと思います。

これについて考えたのは、昨日のことでして、昨日のうちに書ければ良かったのですが、
今日がレコーディングだったので、そんなことで寝不足になるのも嫌だなと思い、
昨日は書くのをやめました。



僕は、音楽を作るとき、(敢えてここは自分たちではなく、自分と言いますが)自分の音楽を聴いてくれる人々が、それぞれ一人で、音楽と一対一の関係を想像して作ります。
想像してというか、正確には、それが当たり前になっています。

というのは、自分が普段そうやって音楽と接しているからです。


もちろん、「音楽を聴く」という状況にも、色々な状況が考えられるわけで、
これらは僕にもあてはまったりするのですけど、

音楽仲間やバンド仲間が音楽を聴く目的で2,3人で聴いたり、
恋人や友人とお互いの部屋で、時にはBGMとして、時には音楽を聴こうとして聴いたり、
クラブのような大勢が集まる場所でみんなで話しながら、時には踊りながら聴いたり、
カフェやレストランのような場所で流れたり、
お店や仕事場などで聴いたり、等々。


そんな中で、
音楽の良さを一番感じるときって、僕の場合は圧倒的に一人で聴いているときだなと思います。

そういう時は、感性がとても豊かになれます。
想像力がよく働くというか。
誰にも邪魔されずに、音楽にだけ集中できるし、
その世界の中に飛び込んでいけるんですね。
すごく当たり前のことを書いていますけど、本当にそうです。


そういう時にこそ、創作へのイマジネーションを刺激されますし、
そういうときに自分に響いてくる音楽こそ、僕は一番良い音楽だと思っています。
色んな良さがある中で、何もこれが一番だと決め付ける必要はないのかもしれませんが、
「作る」という行為に繋げる場合、あれもこれもというわけには中々行かず、
やはり、自分にとって一番良い音楽とは何かなどということを考えるわけです。


そういうわけで、僕が作る音楽もそのような傾向になっているのだと思います。
結果的に、聴いてくれる方々にどう響いているかは別の問題として。


今日は、敢えて「自分」として書きましたが、永井も香保里さんも、音楽や歌詞を作る前提としておそらく僕と同じで、
こういう中々人と人の間でシェアされにくい音楽性だから、僕らの音楽はすごく良い(と、このブログを読んでいる方はそのように感じてくれていると思いますが)割には、まだそこまで?広がっていないのかなと思います。




僕は、そうやって、思えばいつも音楽に彩られて青春時代を送って来ましたし、
それは今も変わらず、
音楽がいつも僕の生活を彩ってきました。

僕にとって、音楽とは常にそういう存在でした。


なので、僕も、音楽を作るなら、誰かの生活、特に青春を彩ることが出来たらなと思うわけです。

自分が感じることしか出来ないって事でもあるんですが。


日本や世界のどこかに、そうやって人知れずLampの音楽を愉しんでいる人がいることを考えただけで、僕はワクワクしますし、
もし、そういう人々の生活や気持ちを、音楽を通して、彩ることが出来たら、これ以上のことはないと思っています。




今作っているものが、これまでのものと何か違うとか、あまり変わらないとか、
それは聴く人それぞれ感じ方は違うと思いますけど、
今日ここに書いたような意味では、今作っているものはこれまでとなんら変わらないものだと思います。



今日のレコーディングで進めたものを帰ってから聴いたら、良い感じでした。

残りの作業も順調に行くと良いのですが。


ちょっと文章にまとまりがありませんが、
今日はこんなところで。

| about music | 00:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:23 | - | - |