2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< レコーディングも終盤 | main | Alexander von Mehren >>
ブラジル音楽のすすめ ■第5回 Edu Lobo
今日は、僕がブラジル音楽の中でも比較的早い時期に聴いたエドゥ・ロボについて書きたいと思います。


エドゥ・ロボの魅力が凝縮されたキラー・チューンというと、
「Ponteio」「Upa Neguinho」「Casa Forte」「Zanziber」などが思い浮かびますが、
彼の音楽はけしてポップなものではなく(僕はそう思います)、しかし耳に残るもので、
すごく変わっているなと思うのが、そのハーモニー感です。

とにかく不協和音を使いまくる。

平気で半音とか一音とか隣同士の音を当ててきます。
それもさりげなく当てるのではなく、
あからさまに不協和音を鳴らすんですね。

ですので、人によっては、彼の音楽がとても不快に感じるかもしれません。

しかし、不協和音というのは、緊張感を生みますし、
また、中毒性があるので、慣れてくると病みつきになります。



まず、上に挙げました内の「Zanziber」と「Casa Forte」を貼っておきます。
「Zanziber」は頭から、「Casa Forte」は3分8秒からとなっています。

「Zanziber」〜「Casa Forte」



この2曲は、1970年にリリースされた『Cantiga De Longe』というアルバムに入っております。
演奏は、エルメート・パスコアルやアイアート・モレイラ等がこの時期に組んでいたカルテット、Quarteto Novoによるものです。
これ、演奏が凄くかっこいいでしょう?
特に、「Zanziber」におけるエルメート・パスコアルのピアノの刻みやウーリッツァーソロ、「Casa Forte」でのフルートにしびれます。



もう一つ、YouTubeにある音源を貼っておきます(少し音量が小さいです)。

「Upa Neguinho」


これは「Upa Neguinho」という曲で、エドゥ・ロボがまだけっこう若くて、かっこいいですね。
ギターを弾くときの右手ですが、ダウンストロークよりアップストロークが強くなっています。そして、そのアップストロークでリズムをとる。これがブラジル音楽のノリです(と分かったように言ってみます。でも多分そう)。
ブラジルの人はこういう傾向がありますが、特にエドゥ・ロボはそれが顕著です。

「Ponteio」「Upa Neguinho」「Casa Forte」あたりは世界中で多数のカヴァーを生んでいますが、それは紛れも無く原曲がかっこいいからです。
かっこいいのに飽きない。
飽きないというのは、これもやはりそのハーモニーが普通じゃないからなんだと思います。



代表曲の中でも僕は「Ponteio」が一番好きかもしれません。
滅茶苦茶かっこいい曲なので、ここに載せたいのですが、僕が一番好きな70年の『Sergio Mendes Presents Lobo』に収録されているヴァージョンが見つからなかったので、代わりにこれを載せます(少し音量が大きめです)。

Ulisses Rocha「Ponteio」


Ulisses Rochaという人の「Ponteio」のカヴァーです。
ギター1本のインストになっています。

途中で終わってしまいますが、いくつかYouTubeにあがっている中で一番テンポが速く音に迫力があるヴァージョンです。
フルで聴きたい人は「Ulisses Rocha Ponteio」で検索すれば、色んなライブの映像が出てきますよ。


もう1曲、あまりメジャーではないかもしれませんが、いかにもエドゥ・ロボといった趣の曲をもう一つ載せておきます。



1976年にリリースした『Limite Das Aguas』の1曲目「Uma Vez Um Caso」という曲です。
エドゥ・ロボとデュエットしている女性は、ジョイスです。



エドゥ・ロボのアルバムについて、以下、過去に書いた記事があるものはリンクを付けて載せておきます。


『A musica de Edu Lobo Por Edu Lobo』 1965年 1stアルバム、バックはタンバ・トリオ。
『Edu canta Zumbi』 1965年 音楽的には聴くに値しないアルバム(舞台の台詞等がメイン)。
『Edu & Bethania』 1966年 マリア・ベターニアとの共同名義盤。
『Edu』 1967年 地味で静かなアルバム。下部にレビュー少々有ります。
『Sergio Mendes presents Lobo』 1970年 アメリカのマーケット向けに作られたアルバム。(大したレビューを書いてません。悪しからず)
『Cantiga de Longe』 1970年 上のアルバムと同時期にほぼ同じメンバーで作られたアルバム。お薦め。
『Missa Breve』 1972年 宗教色が強いアルバム。お薦め。
『Limite Das Aguas』 1976年 バンダ・ブラッキ・ヒオのメンバーが参加したりでちょっとファンキーな曲もあり。
『Camaleao』 1978年 CDは長いこと廃盤。内容的にはこの頃から段々と大人っぽくなっていく。
『Tempo presente』 1980年 ジョイス、ドリ・カイミが参加したアルバム。
『Edu & Tom』 1981年 ジョビンとの共同名義。落ち着いた好盤。


| ブラジリアン・ミュージック入門 | 19:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:57 | - | - |