2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 2010年 夢をみたくて 夏のひとこま | main | 菅井協太 過去の名曲がSoundCloudに >>
小さな話しを3つほど
小さな話しを3つほど。


64歳になる父親にPro Toolsの購入を勧めてみた。
Pro Toolsとは、今や、どこのレコーディング・スタジオにもある、パソコンで音楽を録ったり作ったりするマシーン(というかソフト)のこと。
それの簡易版が数万円で買えるので、勧めてみたわけだ。
というのも、原発の事故の後、父親は趣味であった畑仕事を諦めざるを得なくなり、普段の楽しみがどんなことになっているのかと気になっていて、何か打ち込めるものがあったら良いと思ったからだった。
僕自身、そういうソフトをいずれ持つかもしれないが、今のところ予定はない。
冨士夫くんが死んだ翌日に思ったことだった。


---------------


昨夜、永井と電話をした。
最近、彼とよく長電話をする。
その中で、彼は最近、2003年の『そよ風アパートメント201』リリース直後に録音した「面影」という彼自身の曲を久しぶりに聴いてみたそうだ。
彼は滅多にLampの曲を聴き返したりしないのだ。
そうしたら、「強い風が君を連れてった」のパートの存在を全く忘れていたそうで、
その瞬間、自分の音楽を、一人のリスナーとして楽しめたということだった。
感想を訊くと、「コード進行など含め中々良かった」そうだ。


---------------


最近、香保里さんから聞いて笑った話し。
ダニエルは、本当に色んなことを気にしない人。
東京のアパートの2階に住んでいる彼は、よく窓を開けたままであることを忘れて、外出する。
だから、夕立かなにかで雨が入ってきて、CDがびしょ濡れになってしまったりすることもあるのだが、I don't careなんだそうだ。
そんな彼がいつものように開けっ放しの窓の部屋に帰ってくると、部屋の中をカラスが散歩していたそう。
そういうことが2回あったらしい。
他人事ながら、もう少しcareした方が良いのでは、と思ってしまう。


---------------
| others | 13:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:13 | - | - |