2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Guilherme Arantesの2in1 CD | main | Flavio Venturini 初期ソロ作品2枚 >>
林静一 赤色エレジー
これは最も好きな漫画の一つ、
といいますか、
最も好きな漫画、であります。

なんていうか、この漫画だけ別の次元にある感じです。

人にあげたり、貸したまま返ってこなかったり、誰に貸したかわからなくなったりで、なんだかんだ人生で5回くらい買っています。

林静一といいますと、漫画作品は実は数える程度しかなく、
漫画家としての知名度がどれくらいなのかは分かりませんが、
ロッテの「小梅ちゃん」を描いた人だと説明すると、多くの人がその画風を理解するそうです。
素敵な絵を描かせたら右に出る者無しといった感じです。


漫画のタイトルは「赤色エレジー」と書いて「セキショクえれじー」と読みます。
これが描かれたのは1970年のことだそうで、月刊漫画「ガロ」に連載されていたということです。

二次元の創作物に少しでも興味がある人なら、衝撃と感銘を受けるとこ間違いなしの漫画でありまして、
常識を軽々と飛び越えたような表現の連続で、今読んでも全く古さのない、というか、この漫画以降今だに更新されていないのではないかと、そんなことを想起させる、ものすごい芸術性の高い漫画なんです。

また、恋とともに青春を過ごした方、人を本気で好きになったことがある方には是が非でも読んでもらいたい漫画でもあります。
辛くて、やるせなくて、胸を抉られるような思いをします。

漫画にしろ、言葉にしろ、歌詞にしろ、映像にしろ、
僕が強く惹かれるものって、「青春」と「芸術」がうまく融合・調和したものなんだと、ここ何年もそんな風に思っています。

読後は、「こんな漫画が他にあるか」といった、諦めにも似た感情が沸き出てきます。
自分の中で、この漫画はそれくらい突出しています。


アクション漫画を読むようなスピードではなく、1枚1枚の絵を見るように、台詞もゆっくりゆっくり読んでください。

現在は文庫版でしか手に入らないのが残念ですが、
Amazonのリンクを貼っておきます。
 
林静一 赤色エレジー

| comics | 00:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:19 | - | - |