2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Pages 1981年 | main | 幼少の頃の一コマ >>
谷内六郎展覧会
ついこの間のことですが、
谷内六郎の画集を目にして以来、
谷内六郎の絵の魅力にしびれています。

谷内六郎という人物の名前を知らない人でも、
絵を見ると、「あ、見たことある」となると思います。
「週刊新潮」の表紙の絵を1956年の創刊号からずっと描かれていたということです。

谷内六郎の魅力というと、
やはり、古き良きといいましょうか、日本情緒溢れる景色と、
そして何よりも、その色遣いだと思います。
暗い景色や青一面の景色に、一寸、赤や黄色等を入れる絵が特に好きです。

彼の絵が沢山入った本を手元に置いておきたい、
できれば、大きいサイズで、
と思いましたが、大きな画集は中古でも値段はそれなりなので、
新潮文庫で出ている『谷内六郎展覧会』というタイトルのものを集めました。

これは、
《冬・新年》
《春》
《夢》
《夏》
《秋》
と、季節ごとに5冊で構成されたシリーズで、それぞれの本に約90点ずつ、
絵が収録されています。
これの他に、横尾忠則が編集した《谷内六郎の絵本歳時記》と併せて6冊でかなりの数の絵が楽しめます。



季節の中に《夢》というのを挟んでいるのが、また良いですよね。
僕はその《夢》だけまだ買っていないのですが。

《冬・新年》と《夏》《谷内六郎の絵本歳時記》の3冊は、特に良い絵が多く、お薦めです。


 
| books | 16:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:16 | - | - |