2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Lampのラジオ番組「灯放送」 12/17(火)から配信開始 | main | 2014年2月5日 Lamp『同棲時代』発売のお報せ →タイトルを『ゆめ』に変更しました。 >>
北園みなみについて
北園みなみさんのインタビュー記事{「ネシ子が会う」北園みなみ(連載 第七回)}が出た勢いで、Lampニューアルバム情報に先立って、僕からも書きますが、
この記事の最後の方に書いてある通り、もうすぐ情報解禁となります僕らのニューアルバムに、北園みなみさんに、管弦アレンジや鍵盤、ベース、ギター、コーラス等、本当にありとあらゆる面で参加してもらいました。


日本のネットシーンに天才現る――M.Kitasonoの衝撃」の記事が出る少し前だったでしょうか、
僕もやはりネット上で彼の音楽を聴きまして、「こいつは凄い」となりまして、聴いたその日に彼にコンタクトを取りました。
こういう時の僕の行動はけっこう早いです。


それから電話等で何度かお話しをさせてもらいました。

ある折に、僕らの現在進行中のアルバム制作に参加してくれないかという依頼をしました。

それを快諾?してくれ、
それからは、レコーディングの度に東京に来てもらい、制作に大きく参加してもらいました。


本人は「天才」と言われることをあまり好んで無いようでしたが、
僕から言わせてもらうと、やはり彼は天才だと思います。

まあそれは、音楽を聴けばわかります。
Lampの新作の彼のアレンジや演奏を聴けば誰もが納得するでしょう。
ただ、彼は向上心がとてもある方なので、自分はまだまだだと思っているようです。
そのストイックさがまた彼の凄いところなんですが。


管弦アレンジでいうと、僕より10歳も若い人とは思えないレベルのアレンジを施しますし、(ここが肝心なんですが)アレンジしてもらったものを聴かせてもらっても文句をつける箇所が無いんですよ。
これって、アレンジの理論等をきちんと修得しているということもそうですが、それ以上に、音に対して「美しい」とか「良い」と感じる感性の話しが大きくなってきます。自分たちの音楽にマッチするかどうか、ということですね。


僕らは、特に『ランプ幻想』以降、基本的には全て自分たちでアレンジをやってきましたが、
今回、北園みなみさんという才能を知り、ネット上の音源から知りうる彼の音楽に対する才能と感性に魅了され、彼に頼むことが出来たら、自分たちがアレンジをした場合以上の音楽が出来ることが予想出来たので、彼にアレンジを依頼するに至ったわけです。
僕の曲は1曲、永井の曲は2曲、管弦のアレンジをしてもらいました。
これも聴けばわかることなのですが、その選択は正解でした。歌や曲の良さを全く壊すこと無しにアレンジをするってこういうことか、と思いました。


アレンジだけでなく、楽器の演奏も、僕なんか人生が何度あってもこのレベルには到達できないというレベルでいくつもの楽器をこなします。
楽器演奏について僕がいうと、話しのレベルが低くなってしまうのが残念ではありますが。
特にコントラバスのプレイは圧巻でした。


何度も書きましたが、肝心の音については、その時期が来ましたら皆さんにも届くと思います。

楽しみにしていてください。


Lampのニューアルバムについても今週中には発表します。
 
| music-japanese | 22:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |