2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Botanical House第1弾作品 新川忠「Paintings of Lights」 | main | BBS、新しくしました。 >>
北園みなみ『promenade』を聴いて
永井とお昼ご飯を食べたとき、北園みなみ『promenade』の話しから、今後自分たちが音楽を作る意義みたいな話しに発展しました。

このアルバムはミュージシャンがみんな音楽を作ることを辞めたくなるアルバムだと書きましたが、
僕らのように実際にもう音楽に片足、両足を突っ込んで活動を始めてしまっている人、それが深ければ深いほど中々辞めることは難しいわけで、
今から、こういった種類の音楽―ポップスの範疇でより高度に洗練された音楽であるとか、複雑で凝っているけれど感触がポップな音楽―なんかを目指してみようと思っていた人なんかにはミュージシャンへの道に諦めがつく作品だったと思います。

で、実際に、僕らはこれまで音楽的な良さですとかオリジナリティー、音楽的な質等をテーマとして、また、核として、ずっと活動を続けて来たわけで、そういうミュージシャンほど窮地に立たされた感が強いと思ったわけです。
書いたことはまさに自分たちのことだったというわけですね。

僕がまだCDを出していなかったら本当に辞めていたかもしれないなと思います。
10年くらい早くて良かったです。
いや、良かったのかどうかはわかりませんけど。




自分たちが今後音楽をやっていく意義みたいなものについて。
具体的には言えませんが、永井と話し、自分たちが目指すところを再確認することになりました。

僕ら、結構真面目なんですよ。
特に永井は音楽に対して真面目です。

永井は、僕との話し合いの中で、「違うところで勝負するにしても、そこで本当に凄いものを作らないといけないし、もうこれで一層凡庸なものは作れない」なんて言っていましたが、そこまで自分を追い込む必要はあるのかなとも思います。

とにかく今後も良いものが作れるようにやっていきたいと思っています。


--------------------------

その北園みなみ『promenade』ですが、
色々な面から素晴らしいですが、
なんと言っても歌声が良いですよね。

僕は彼の楽器の演奏能力やアレンジ能力については、『ゆめ』の制作の時点で既に多くを感じていたのですが、
今回のアルバムを聴いて、歌や声が良いなぁと思いました。



北園みなみ『promenade』


僕はつくづく録音物が好きな人間でして、
なんていうんでしょうね、
録音物には浪漫があると思うんです。

聴いているとき、これを作った人の姿が見えないじゃないですか。
全て音の世界じゃないですか。

僕が誰かのライブにほとんど行かず音源ばかり聴いているのも、この浪漫に対する偏愛なのかなと思います。

この『promenade』を作った人のことは知っているんですが、
でも、これを聴いているときはもう本人の事なんか忘れて、スピーカーやヘッドホンから聴こえてくる音の世界に入っているんですね。完全に。

今回のアルバムで北園さんの歌声のかっこよさに気づきました。
構え方でしょうかね。

先日、このアルバムを灯放送収録前にかけていまして、
3曲目の「Vitamin」という曲が流れたとき、
僕が「二人にとっては最初の季節」という歌詞が好きだなぁって言ったら、
永井と香保里さんにすごく僕が好きそうな歌詞だと言われたんですね。

そうなのか、と思いましたが、
僕は北園さんのこの曲で見せる男前な歌詞の世界が好きです。
この曲、歌詞が良いんですよね。
僕はふざけたものよりもこういう真面目なものが好きです。

僕的なポイントの話しになりますが、
「暮れる街の喧騒に花を添えたさ」の「さ」にグッと来ます。

「揺れる思いが 2つに重なって消えてく」のキザな感じもすごく好きですね。

それと、この曲の最後の一行、
暮れる街の喧騒を 背中に残し夢を見る」はメロディーと相俟って、毎回キュンとします。
「夢」の「め」で高音になるところがすごくかっこいいですね。

永井でも新川さんでも聴いていて思うのは、
グッドメロディーとかっこいい歌詞の組み合わせに弱いなということです。

あと、2曲目「電話越しに」のサビの「君の元から電波が夜風をまとい」というところで、「電波が」の「が」の瞬間のメロディーとコードの組み合わせにグッと来ました。

この曲の歌詞もすごく好きです。

--------------------------

この「電話越しに」は、
ルパート・ホームズの「Answering Machine」みたいに電話っぽい音が入っていて、
フレーズもどこか電話を連想させるもので、
すごく芸が細かいし、こういうのを体現できるって本当にすごいことです。
彼と話しているとどれだけ音楽を深く捉えているかがわかります。

それと、左右に振られた柔らかいシンセのフレーズの数々が僕はすごく好きで、
この感じは、僕はクリフォード・コールターでしか聴いたことなくて、
クリフォード・コールターを聴きながら、「ああ、これ大好きなんだけどあんまり誰もやってないなぁ、理論的にはどういうことやっているんだろう」なんて思っていたら、
北園さんが多用していました。




3分06秒以降のシンセソロが大好きで、その中で2箇所シンセがはもるところが出てきます。
そこが大好きです。


最近は、この『promenade』とマスタリングを終えたばかりの新川忠さんの『Paintings of Lights』ばかり聴いています。

まとまりないですが、
今日はここら辺で。
 
| music-japanese | 23:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |