2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< プリメインアンプとスピーカーを替えました。 | main | 新川忠「ヴィーナスの腕」 >>
Chico Buarque ―Francisco
シコ・ブアルキは4枚目にあたる『Chico Buarque de Hollanda - Nº4』(1970年作品)以降、ずっと良いアルバムばかりなのですが、
最近頻繁に聴いているのは、1987年のこのアルバム。
といっても、毎日シコ・ブアルキのアルバムばかり聴いているんで、他のアルバムも頻繁に聴いているんですけど。

少し前に1988年のドリ・カイミのアルバムについて書きましたが、
最近は、トニーニョ・オルタの『Diamond Land』(1988年)なんかも含め、この時代の音を楽しんでいます。



Chico Buarque 『Francisco』1987年

このジャケット、僕が持っているCDと同じものなのですが、
Chico Buarque Francisco」で検索するといくつかのジャケットっぽい画が出てきて、
なんかこう似ているんだけど、パターンがいくつかあるっていうのも良いなと思いました。

このアルバムを流して聴いていると7th調の5曲目の後に来るヴィニシウス・カントゥアリアとの共作曲「Ludo Real」のイントロ3小節目と9小節目のコードのヴィニシウス・カントゥアリア感にめちゃくちゃグッと来ます。
なんなんだこれは。


あと、その次の曲は、「これ、フランシス・ハイミの曲じゃないの?」って思うほど、フランシス・ハイミっぽい美しいメロディーの曲です。
続く「Lola」もきれいな曲。これも割りとフランシス・ハイミっぽいんだよな。
長い間仕事を一緒にして、お互いが影響を受け合ったんだろうなと思います。

その次の「Cade Voce」はジョアン・ドナートの曲なんだけど、曲のスケール感がカエターノ・ヴェローゾのアルバム『Cores, Nomes』(1982年)に収められているジョアン・ドナートの「Surpresa」に近いものがあり、ああ、となります。

1曲目の「O Velho Francisco」や4曲目の「Estacao Derradeira」も好きだし、本当に良いアルバム。

 
| music-brasil | 00:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:32 | - | - |