2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 新川忠「アイリス」がSoundCloudで公開されました。 | main | 新川忠の1st『Sweet Hereafter』 >>
最近聴いている3曲。
最近、好きになった曲、Milton Nascimentoの『Nascimento』というアルバムに入っている「Guardanapos De Papel」という曲です。
オリジナルは、Leo Masliahというウルグアイの人の曲。

これは自分の中の久々のヒット曲でした。

たまらなく美しい曲をミルトンが無骨に歌い上げている。



いいですね。。
ラストは「儚き春の一幕」と同じコードっぽい。
The Boomの「からたち野道」もこういう不吉な感じで終わりますよね。


次。
Paul Simonの「Spirit Voices」(『Rhythm Of The Saints』収録)。
これは昔から好きななんですが、ふと久々にアルバムを聴いていたら、この曲がすごく良くって何度も再生しなおしてしまいました。
(僕は流れに逆らわず聴くタイプで、良かったから再生し直すということは滅多に無いんです)





Aメロはボーカルのメロディーはあまり無い。その代わりにダブルで左右に振られたエレキギターのリズムが面白くて、それだけで聴けます。
ベースも良いんですよね。

そしてクライマックスは、2回目のコーラス後のミルトン・ナシメントの登場シーン。
ここが凄く良いです。
ここの入りのリズムとかどうなっているか、リズム音痴なので何度聴いても理解できません。


ラストは韓国のインディーズから。
韓国人のLampファンの女の子から「とても良いので是非聴いて下さい。」という感じで、CDをもらいました。
LIFE&TIMEというバンドで『The Great Deep』という5曲入りミニ・アルバムの1曲目。
ギターボーカル、ベース、ドラムの3人編成で、すごくハードなイントロから意外な展開を見せます。
特にドラムが面白いですね。



このアルバムの2曲目も良かったです。
 
| music-rock/pops | 22:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |