2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 泡沫綺譚 | main | ナラと素晴らしき仲間たち >>
もう一度読みたい乱歩作品
現実的な性格からか、フィクションというものが昔からあまり好きではないんです。実は。
それでも推理ものは好きなんです。が、どうも本を読むことに対する根気みたいなものに欠けていまして、小説に限っていえば、今まで読んだ作品数はけして多くありません。

日本の推理小説作家といえば、江戸川乱歩の名前が真っ先に挙がりますが、僕も江戸川乱歩は一番多く読んだ作家です(というかそれ以外あんまり読んできていない)。妹がよく乱歩の文庫を買ってきたのでそれを借りて読みました。
その江戸川乱歩の作品でもう一度読みたいと思うものが3つあります。心のベスト3とでもいうべきものでしょうか。

それは「心理試験」「暗黒星」「十字路」です。
「心理試験」は短い話なので何度も読み返してはいるんですが、それでもまた読みたいです。話の展開もわかってはいるんですけどね。この話しは『江戸川乱歩傑作選』に収録されているのですが、この本は一話一話コメントを言いたくなるくらい本当に面白い話ばかりで何度も何度も読み返しました。
「暗黒星」は少年探偵シリーズで読んで、衝撃を受けました。
「十字路」は犯人の視点で書かれた推理小説でして、すごく新鮮でしたし、読んでいて手に汗握りました。
これらを読んだ時の興奮は今でも覚えています。どれも読むのが疲れるような長編ではないという点もそうですが、僕は結末の意外性というものに弱いんでしょうね。

推理小説に造詣が深くない僕が言ってもあんまり説得力がないかもしれないですけど、とにかく面白いので読んだことない人は是非。

最近、推理ものでは、アガサ・クリスティの原作の映画「情婦」(小説では「検察側の証人」というタイトル)を借りてみました。すごく良かったです。
あと、映画「39・刑法三十九条」も見ました。こちらもすごく良かったです。
今日は古本屋で同じくアガサ・クリスティの小説「アクロイド殺し」を買いました。読む本がたまっていて嬉しいな。



江戸川乱歩 『江戸川乱歩傑作選』
| books | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |