2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 明日、Lampワンマンライブ「SONG BOOK東京公演」 | main | お客さんの温かい表情が印象的 >>
Lampワンマンライブ「SONG BOOK」東京公演を終えて

昨日はLampワンマンライブ「SONG BOOK」東京公演にお越しいただきありがとうございました。

今回、12月の大阪、福岡につづき、同じセットでワンマンライブを行いました。

 

演奏した曲は以下の通りです。

それぞれで多少の曲目、曲順の違いはありますが、昨日演奏した曲目を掲載しておきます。

 

2017/2/25 Lamp@WWWX
0. イントロ
1. 6号室
2. A都市の秋
3. 雨降る夜の向こう
4. 夜風
5. 部屋の窓辺
6. 冷ややかな情景
7. ファンタジー
8. 車窓(染谷新曲)
9. 抱きよせたい
10. 君とぼくとのさよならに
11. 永井新曲1(仮)
12. ゆめうつつ
13. ムード・ロマンティカ
14. シンフォニー
15. さち子
16. ブルー
アンコール
17. 最終列車は25時
18. 風の午後に

 

「ブルー」は僕の作った新しい曲で、東京でのライブで演奏するのは2015年の新宿ロフトに続き、これで2度目になります。

永井の「ファンタジー」も同じくロフトのライブ等でやった新曲です。

 

 

 

 

開演前にはレーベル関連の曲とRくん(Daniel Kwon)「HAPPY 4EVER」やMei Eharaさん「あなた」等を、終演後には好きなブラジル音楽を流しました。

 

 

ステージから老後の思い出用に撮った写真は、ほとんどの方が下を向くか顔を覆うかすると予想をしていましたが、皆さんがものすごく良い表情でこちらを向いていて、びっくりしました。

こちらの写真ですが、あくまで僕(等)の老後の思い出用なので、公開はしません。

どうもありがとうございました。

 

 

僕らはライブは得意なほうではありませんが、(当たり前ですが)僕らなりに努力をし、サポートメンバーの方々や周りの方々の協力を得ながら、やる度に少しずつ良くなっているのではないかと思います。

回を重ねるごとに本気度も増していますし、今後はもっと良いライブが出来ると思っています。

それは、今までが本気じゃなかったということではなく、最近はこれまでよりも「ライブを良くするためにはどうしたら良いか」ということを自分たちで考え、その方法論に毎回少しずつ気付かされているんです。

見に来ている方で音楽をやっている方も少なくないと思うので、書くのもちょっと恥ずかしいということもあるのですが、例えば今回ですと、ギターのエフェクターボードを用意してみたり、ライブ前にギターの弦を全部張り替えたり、曲順表に話すことをメモしたり、PAエンジニアさんを自分たちで依頼したり、ボーカル用のマイクについて考えたり、その他(これについては細かいことを書き出すとキリがありませんが)僕らを含めた演奏メンバーが如何に良い環境で気持ちよく出来るか等、僕らなりに様々な過去の反省を活かしながらやっています。

 

という感じで、「まだまだ上がある」という感触でやっていますので、

また、ワンマンライブを企画した際には是非お越しください。

 

 

 

| about Lamp | 11:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:26 | - | - |