2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Lamp Live in Seoul 2017 | main |
ライブへの気持ち

こんなことを黙っていてもしょうがないので、自分の気持ちに正直に、恥ずかしがらずに言ってしまいますと、

最近ライブをやるのが好きになって来てます。かなり。

 

Lampをはじめて17年、

今までで一番そういう気持ちになっています。

 

 

 

こういう気持ちになったきっかけとなるライブが2つありまして、

1つは今年4月末に行った中国ツアー、

もう1つが先日の武蔵大学の学祭ライブです。

 

中国ツアーというのは、もともと声がかかって、

「中国、面白そうだから旅行気分で行ってみよう。やってみよう」

というようなノリでやりました。

過去にこのような本数のライブを短期間にやったことはなく、

精神的にも技術的にも結構鍛えられました。

 

元々僕は人一倍あがり症で、その上、楽器の演奏が得意ではなく自信もなかったので、

ライブというものを楽しめなかったのですが、

中国のツアーをやって、割と精神面は克服できたかな?という感じで、

まだそこに疑問符は付きますが、そんな気がしています。

 

で、先日の武蔵大学でのライブ。

先日は、初めての5人編成(キーボードなし)でのステージと演奏を意外にもだいぶ楽しめました。

(ステージに立つ前はかなり不安と緊張がありました)

屋外でのライブというのが、以前から結構相性が良いのか、

過去のライブで良かったライブを思い出すと屋外でのライブが思い起こされます。

 

 

家で練習していると、まだまだまだまだ技術は足りないのですが、

でも、楽しかったという気持ちが残っていて、

今は早く次のライブのステージに立ちたいなーという気持ちでいます。

 

で、ライブのバンドアレンジもこれまでよりも大分積極的に考えられるようになって、

自分でもちょっとライブに対する構え方が以前とは変わったかなぁなどと感じ始めています。

 

 

 

 

あんまり自分(自分たち)にプレッシャーをかけたくはありませんが、

今後もっと良いライブができるようになっていくんじゃないかなぁと、

漠然とそんなことを思っています。

 

 

| about Lamp | 00:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - |