2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 2018年4月28日 Lampニューアルバム『彼女の時計』発売記念ワンマンライブ@恵比寿リキッドルーム | main | Lamp Live in Seoul 2017を終えて >>
『遥かなる夏の残響』、ご来場ありがとうございました

昨日は、Lampワンマンライブ『遥かなる夏の残響』に来ていただき、どうもありがとうございました。

 

ライブはいかがでしたでしょうか?

 

結構気合を入れてライブアレンジを考えていって、そういう面はそこそこ良かったと思ったのですが、

個人的にはかなり反省の多いライブでした。

その一つはギターストラップの長さ。

いつも同じような(言い訳みたいな)ことを書いているような気がしますが。

でも、きっとこうやって反省を重ね少しずつ進歩していくんだと思います。

 

遥かなる夏の残響。

冬になり、夏を思い起こそうとすると、それはまるで白昼夢のようで、

それが今年の夏のことだったのか、遠い夏のことだったか、

幾つにも重なった、ウワーンという夏の残響のような感じで霞掛かって自分の頭の中に思い起こされます。

今回は冬のライブのタイトルにしたら素敵だなと思い、これにしました。

(ちなみに、僕の曲にそういう曲がありますが、今回はやりませんでしたね。)

そういうことをMCで話せば良かったのですが。

突然横から恨み節が出てきたので。

 

 

今回は初期の曲が多く、ステージに上がる前は、1曲1曲、その曲を作った頃の空気とかを思い出しながら演奏しようなどと思っていたのですが、実際にステージに立ってみたら、そんな余裕はこれっぽっちもありませんでした。

 

それと、初披露の新曲2曲、僕の曲も永井の曲もまだタイトルが付いていませんが、

どちらもすごく良い曲でしたね。

これらもいつか音源として聴いてもらえるよう、これからも活動を頑張りたいと思います。

 

言いそびれましたが、ラストの新曲は「1998」というタイトルの、永井の曲でした。

来年リリースのニューアルバムに収録されます。

 

来年4月28日(土)のリキッドルームでの新作レコード先行発売のワンマンライブ、

今日からイープラスでプレオーダー受付が始まってます。

是非来てください。

 

 

| about Lamp | 22:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:50 | - | - |