2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 『遥かなる夏の残響』、ご来場ありがとうございました | main | 2017年を振り返る >>
Lamp Live in Seoul 2017を終えて

ソウルの「Guro Art Valley」でのライブの為、12月16日から19日まで韓国に行ってきました。

 

12月16日に出発し、17日がライブ、18日はサポートメンバーは帰ったのですが、僕たち3人はインタビューや打ち合わせ、その他古い友人と会ったりして過ごしました。

そして、昨日19日、韓国から帰ってきました。

 

向こうは毎日氷点下でしたが、体感的に、覚悟していたほど寒くはありませんでした。

むしろ日本に帰ってきてからの方が寒く感じました。

 

 

 

今回は7年振りということでしたが、

多くのお客さんに来てもらえて、これ以上の幸せはない、という感覚でした。

 

 

 

アンコール含め全23曲でしたが、少なくともやっている側は長さを感じないステージでした。

今回の会場は響きがデッド気味のホールで、きっと良い感じで音がお客さんに届いたと思います。

特に永井の歌の調子が良く、「さち子」はこれまで何度も演ってきた中で、永井の歌の出来が一番良かったような気がします。

 

終演後は、沢山のお客さんがサイン会に並んでくれて、

皆さん日本語で挨拶をしてくれたり、ライブの感想を言ってくれたりで、とても幸せな気持ちになりました。

本当はお客さん一人一人の感想を詳しく聞きたいくらいなのですが、時間もないし列も長く続いているしで、サインをして、一言感謝の気持ちを返しました。

 

 

 

改めて、今回の演奏メンバーは、

榊原香保里 vo, flt synth

永井祐介 vo, gt, piano

染谷大陽 g, cho

おがたたけろう per, synth, cho

鈴木潤 key

田中啓介 Ba

佐々木俊之 Dr

でした。

 

 

またすぐにでも韓国にライブをしに行きたい気持ちです。

 

 

 

リハーサルで音の確認をしているところです。客席にぼんやりと見えるのが僕です。

 

 

またお会いしましょう。

 

 

| about Lamp | 23:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |