2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 9月28日 東京キネマ倶楽部 演奏曲等 | main | 次に向けて、少しずつ >>
ブログについて考えている

キネマ倶楽部でのライブの後、久々にブログを更新します。

 

このブログを始めた2004年3月以降、

そこから1か月に一度も更新しなかった月はなかったんですが、

先月、2018年10月は一度も更新しませんでした。

 

今確認したら、先月だけでも、このブログへのアクセス数は15049回もあり、

「ああ、これだけのクリック(もしくはタップ)して来た人たちを(一瞬のとても小さなことですが)がっかりさせてしまったな」と思いました。

 

僕はこのブログを始めた時から「更新頻度」を記事の話題にしたことはほとんどなかったと思うんだけど、

それは自分に更新を課してしまうと負担になって続かなさそうだと思ったからで、書いていないときもそのようなことはほとんど書かずに続けてきました。

 

まあでもさすがに最近は更新をしなさ過ぎて、どうかなと思っています。

 

基本的に書くことに対して無理はしない、その時の気分で書くというのを大切にしつつ、発信を続ける方法について考え始めています。

 

前にも少し書いたけど、僕はSNSのような未来に残っていかないものはあまり性に合わないなと感じています。

流れていってしまう情報。

そういう中に生きているのかもしれないし、実際残したとしてもほとんど振り返りも振り返られもしないのかもしれませんが。

 

ブログが既に前時代的なフォーマットであると感じつつも、形式としてはかなり自分に合っているなと思うんです。

 

で、このJUGEMのブログサービスはスマートフォンから見るとだいぶ見づらいので、

どこか別のサービスに移行しようかとも考えているのですが、

あまりここだと思えるところがありませんでした。今のところ、見つかっていません。

 

Lampの活動情報や、聴いた音楽の感想や紹介記事、日々の事などを大して整理せずごちゃまぜに書いている時期が一番楽しかったし、

それはおそらくここを読んでくれている人もそうだったと思うので、

そういうことも含めて、少し考えてみたいなと思っています。

 

 

 

 

| others | 21:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |