2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Spotifyの承認アーティストになりました | main | WWMM、ありがとうございました。 >>
2018年から2019年へ

今年も一年どうもありがとうございました。

 

2018年は、僕らには、ニューアルバム『彼女の時計』のリリースの他、

リキッドルームでのレコード発売記念ライブや夏のアジアツアーという大きなイベントがありました。

 

来年は、2018年夏のアジアツアー「A Distant Shore」の中で歌や演奏の出来が最も良く、録音状態がきちんとしているソウルでのライブを、Lamp初のライブ盤CDとしてリリースしようと考えております。

 

 

このブログでは、今年のツアーについてほとんど触れてなかったので、

ツアー全体のステージの感触を振り返ろうと思います。

 

中国5か所で演奏曲目の変更やアレンジ等の修正を加えながら段々演奏がまとまり、良くなっていきました。

 

そのおかげで香港では逆境の中でもなんとかステージをこなし(モニター環境や箱の響きがかなり悪かった&PAの方とのコミュニケーションがとても難しかった)、台湾で良い雰囲気の中でライブをやって日本に帰って来ました。

 

MCが一番面白かったのは仙台かな。。話したことは全然覚えてなくて、あくまで印象ですが。

国内で一番最初にやったのが仙台で、永井が言いたいこと爆発してて盛り上がった印象。

 

福岡は前回と同じ会場だったけど、バンドがライブ慣れしていたせいか、前回より遥かに良いライブが出来た気がしています。

 

そして、バンドとしてのピークはツアー終盤の大阪と韓国。この2か所でのライブがとりわけ良いライブになった気がしています。

 

東京のキネマ倶楽部も、緊張感は結構あったけど、結果的には中々良いライブになった気がします。

 

最後のジャカルタは終始観客が一緒に歌っていたので、良くも悪くも歌や演奏の質がどうというライブではなかった気がします。

 

 

今回、こういう規模のツアーをやってみて、やっぱりライブって続けるとバンドが良くなっていくんだなと肌で感じました。

話しではそういうことを沢山聞いていたけど、やっぱり実際に体験すると受け留め方も全然変わってきます。

 

 

ライブ盤CDリリースの他にもう一つ目論んでいることがありますので、そちらも楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

| about Lamp | 00:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:36 | - | - |