2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Lamp初のライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』リリース | main | 高橋徹也『新しい世界』 >>
ライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』について

今回リリースするライブ盤『Lamp “A Distant Shore” Asia Tour 2018』について、少し書いておこうと思います。

 

 

正直、今回のライブ盤は中々結構良いものだと思うし、

ライブに来た事ある人はもちろん、来たことない人含め、手に入れてくれた人のほとんどが満足できるものじゃないかなと思う。

 

ミックスは今の自分(たち)の感覚が反映されていて、

具体的に言うと、Lampにしては低音の方がスタジオ盤より出ていて、

また、ライブ盤ということで、生演奏の一体感もあるし、

そこがすごく気持ちよく聴けると思う。

ベースやドラムの聴こえ方が音源と違うかなと思います。

 

とは言え、

やっぱり自分たちはライブバンドではなく、レコーディングに拘ってきたバンドだと思っていて、

スタジオ盤を聴いてもらう前にいきなりライブ盤を聴かれるというのはちょっと抵抗があったりするので、

今回のリリースは、既にスタジオ盤を聴いてくれている人たちに向けるという意味でも、

一般流通無し(直販のみ)で、CDのみ(デジタルは無し)という形を採りました。

 

 

最近、サブスクやダウンロード等のデジタルを中心に海外でもだいぶ聴いてもらえるようになっていて、

今回オフィシャルのオンラインストア以外に、BandcampでもCDの販売を行ってはいるのですが、

やはりCD直販のみだと、海外の人にとっては中々聴きやすい状況ではなく、

この判断は苦しく難しいものでしたが、

とりあえず今回はそういうことでリリースをすることにしました。

 

 

既に予約してくれた方々、

お届けまでもうしばらくありますが、

Lamp初のライブ盤、楽しみにしていてください。

 

 

リリース情報詳細はこちら公式サイトNEWSでもご確認いただけます。

 

 

 

 

 

 

| about Lamp | 12:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:28 | - | - |