2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 灯放送 Extra | main | 灯放送Extra、収録しました >>
Minuano 3rdアルバム『蝶になる夢を見た』

Lampで長年サポートメンバーを務めてもらっている尾方伯郎さん主宰のMinuanoのサードアルバムが明日8月11日にリリースとなります。

 

過去の作品同様に、Lampの榊原がボーカルとして全曲フィーチャーされており、数曲作詞もやっています。

 

また、永井がギターで地味に参加しているほか、僕染谷が4曲目「ソーダ水の想い出」の編曲とディレクションをやっています。

 

 

新作は、僕たちのレーベルBotanical Houseからのリリースとなります。

ここを読んでくれているLampリスナーの方をはじめ、多くの方に聴いてもらえたら良いなと思ってます。

 

 

Minuano  『蝶になる夢を見た』2019年8月11日リリース

 

01.蝶のみた夢
02.春時雨の夜にさよなら
03.終わりのない季節
04.ソーダ水の想い出
05.素敵な時間旅行
06.彷徨う心は海
07.群青の世界
08.流星綺譚
09.蜃気楼
10.夏の幻影
11.機械仕掛けのハートのための不完全な戯曲
12.ダンス
13.真夜中のラウンジ

 

尾方さんが、このアルバムについて、「何か具体的な憧憬があって作ったというよりは、自身の中から自然と出てきた音楽」という趣旨のことを語っているんですが、

僕は、これまでの作品で最も飽きずに長く聴けるアルバムなんじゃないかと、そんな風に思ってます。

 

僕が内容についてあれこれ書くよりも、このダイジェストを聴いてもらった方が良いと思います。

 

 

一聴して「かっこいい」とか、そういう音楽ではないと思います。

少しずつ浸み込んでいくような音楽だと思いますので、

是非、アルバムで聴いてみてください。

 

 

なお、タワーレコードの店舗、ディスクユニオンの店舗で購入された方には、それぞれ特典が付きます、

 

タワーレコード
読み物 鼎談:尾方伯郎(Minuano)×角谷博栄(ウワノソラ)×染谷大陽(Lamp)「Minuanoの時間旅行」他
 

ディスクユニオン
オリジナル特典ポストカード
 

※どちらも無くなり次第終了となります。

 

 

過去の2作、2009年の『Love Logic』と2010年の『ある春の恋人』は、

現在CDは廃盤ですが、SpotifyやApple Music等のサブスクで解禁になったばかりですので、CDを持ってないという方はそちらで是非聴いてみてください。

iTunes StoreでMP3を購入することもできます。

 

| about Botanical House | 19:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:57 | - | - |