2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 灯放送 Extra 配信について | main | Lamp「夜会にて」の着想 >>
菅井協太『y533』& Lomboy『South Pacific』 サブスク解禁

僕たちのレーベルBotanical Houseから、

菅井協太『y533』とLomboy『South Pacific』が、SpotifyやApple Music等のサブスク解禁となりました。

 


『y533』はトータルアルバムの趣がとても強く、例えるならビートルズの『アンソロジー2』のディスク2〜『アンソロジー3』のディスク1あたりをダウナーでサイケデリックにしたような世界観。

そんな菅井君の世界観に圧倒される1枚です。

そして、個人的にはそういう音楽に馴染みがない人にこそ聴いてほしい1枚です。

 

ここでは作者には申し訳ないですが、

僕の超個人的で”妄想的な”曲ごとの印象を勝手に書き記してみます。

聴きながら読んでもらえると感覚を分かってもらえる気がするのですが、斜めに読み飛ばしてもらっても結構です。。

 

古い小さな教会での儀式が思い浮かぶような美しさがある冒頭の1「Sweet Bathing」、

それは遥か昔の中国、やむを得ぬ理由で山奥に捨てられた子供、、という悲しさを感じる2「Sunshine」、

その中国の山奥で歩き出す猛獣をなぜか思い出す、、3「Bright Time」、

日が暮れるサバンナで親とはぐれてしまった二匹のサイが鳴く4「Two Rhinos」、

もう誰も管理してないボロボロの温室植物園を歌った5「Botanical Garden」、

68年くらいのビートルズ的な要素が強い6「Jockey's Night」、

Bメロで宇宙の壮大さを感じる7「Sun Break」、

養分のない畑の土を耕す鍬にズームインし続けるビデオカメラような8「Darling People」、

これは3曲目くらいで出てきた中国の虎の歌?9「Tiger Sad」、

10「Bless you」は僕が昔初めて遊びに行った真鶴の菅井君の部屋を思い出します。。その時に聴かせてもらったからだと思うけど。

中国の山奥にある隙間風が酷い一軒宿で、今にも沸騰しそうなヤカンを思い出す11「Boil A Kettle Again」、

最後、冒頭に出てきた古い小さな教会にフラッシュバックする12「Time Flies」。

 

 

聴こえてくるワードやタイトルから曲の内容と若干リンクしているものもあるんですが、

基本的に歌詞は見ないで想像しながら聴いてる(書いてる)ので、上に書いたことはもちろん作者のイメージとは全く別のものです。

 

菅井協太『y533』 Spotify

菅井協太『y533』 Apple Music

 


 

 


Lomboyの『South Pacific』はヨーロッパ発のオリエンタルサウンドが楽しめる1枚です。

ターニャの可憐な歌声と自由奔放なクリエイティビティが光ってます。

 

Lomboyはこの1st以降もリリースを重ねていますが、

僕はこの1st EPが一番好きです。

そしてもちろん一番のオススメがこの1枚です。

 

特に冒頭の「South Pacific」と2曲目の「Same Way」。

この2曲を聴いてピンと来なかったら、多分Lomboyは合わないでしょう。

それくらいこれら2曲は良い感じです。

 

Lomboy『South Pacific』 Spotify

Lomboy『South Pacific』 Apple Music

 

 

どちらも2016年にリリースしたものです。

Botanical Houseでは結構マニアックな音楽性のタイトルばかりが並んでいますが、

音楽的にすごく楽しめるものばかりだと自負していますので、

是非、トライしてみてください。

| about Botanical House | 19:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:41 | - | - |