2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< S箱〜通販限定販売〜音楽はLOVEであるという話し | main |
作曲の調子が良い

最近、作曲の調子がすこぶる良い。

 

アルバム『彼女の時計』をリリースした時期は、もうそれ以上曲が出来る気もせず、まともな作品が出せるかどうか分からないというところまで追い込まれた気持ちになりましたが(実はそれはリリース後は毎度のことでもあるんですけど)、

最近はそれこそバンドを始めた時のように、曲が次々と形になってきています。

正直、少し前まで、こんな自分は想像していませんでした。

 

今は自宅でデモを作っている段階です。

 

これで少なくともあと1作品はこれまでと同等かそれ以上の作品が出せるというところには来られた気がしています。

 

これで次作用に永井が良い曲を揃えてくれたら、凄く良いアルバムになっちゃうんだろうな、という感じです。

 

 

 

僕がずっと大切にしているものの一つに、

初期衝動というものがあって、

それは僕の場合、反骨精神なんですね。

反骨精神で人の想像を超えていきたいと。

 

そして、作品は常に世の中に叩きつける気持ちで出していかなければならないと考えています。

これでどうだ、と。

僕たちの音楽の触り心地は優しいかもしれませんが、その気持ちはものすごく大切にしています。

 

ちょっと上手い表現が分からないですけど、

何かを世に出すうえで、そのようなロックな気持ちというんでしょうか、それはけして忘れてはいけないと思います。

 

 

それともう一つ、自分がやる意味みたいなこと。

やっぱり出すからには僕たちでしか感じられない作品を作らないといけないなと、そう思ってます。

 

これまでも、そしてきっとこれからも、そういう気持ちでやっていくと思います。

 

 

次作、楽しみにしていてください。

 

 

| about Lamp | 01:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:26 | - | - |