2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< どうもありがとうございます | main | Jorge Ben―Negro E Lindo >>
江戸川乱歩全集
江戸川乱歩全集の1巻を買いました。

読んだことある話しも結構収録されているんですが、この全集シリーズは作品が出た当時の雰囲気が味わえるというじゃありませんか。
以下、この文庫全集シリーズの特徴だそうです。

一、江戸川乱歩のすべての小説、および主要な評論・随筆作品を網羅!
一、 初出誌・初刊本などを比較検討し、作品発表当時の雰囲気を再現!
一、 若い読者には難解な語句・興味深い事項を詳細に注釈し、作品がより深く味わえる。
一、 読みやすい大型活字。文庫のイメージを超える風格ある造本!

たしかに。
僕にとっては2番目の「初出誌・初刊本などを比較検討し、作品発表当時の雰囲気を再現!」が嬉しい。
とりあえずはじめの二話「二銭銅貨」「一枚の切符」を読んでみたのですが、乱歩の良さがこれまで以上に実感できた感じがしました。気のせいではないはず。
読むのが楽しみでしょうがない。
けど、早く読みたい気持ちを抑えて、ちょっとずつ楽しんでいきたいと思います。

因みに全30巻でほぼ発表順に並んでいるそうです。
乱歩の長編は重くて何話も続けて読むのが辛かったりもするんですけど、初期は短編ばかりなので問題ないでしょう。


日本国内に推理小説作家がいなかった時代に切り開いていった乱歩、その姿勢がとても素晴らしいと思います。


『江戸川乱歩全集』 光文社文庫
| books | 06:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:29 | - | - |