2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 




生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。





CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Chico Buarque 1966-1989 | main | Lamp『八月の詩情』10周年記念アナログ盤リリース >>
新型コロナウイルスまわり 雑感

新型コロナウイルスの感染拡大で、世の中が変わりつつある。

というのは、僕は主にスマートフォンやパソコン越しに感じているんですが、

 

それ以降、結構目にしているのが、ウイルス感染拡大によって損害を受けた音楽業界関係者をはじめとした人たちの国に対する大きな声とミュージシャンによる音楽のシェア化。

 

 

コロナウイルスなんてものはない方が良いに決まっていて、そんなの無かった世の中の方が断然良い。

僕だっていつ感染するか分からないし、感染しなかったとしてもどういう形で自分の生活の脅威となるか分からない。

 

ただ、これはあくまで自分の感覚なんだけど、

音楽業界、なんかこれまでちょっと贅沢し過ぎたんじゃないのかな、調子に乗り過ぎたんじゃないかな、なんてことも感じる。

 

音楽なんてお金になるものとして捉えるべきじゃないし、

お金目的で音楽に関わっていくのって、僕はやっぱり嫌だし。

音楽で今月は今年はこれだけ稼げる予定だったのに、、みたいな話しは僕はあまり聞きたくない。

そして、そういう場所には良い音楽がない。

 

生きていくのにお金が必要なのは分かる。

 

けど、なんだろう。

もやもやしないと言ったら嘘になる。

 

別にみんなが貧乏になる世界はそれはそれで良いんじゃないかなとも思ったり。

 

貧しくても幸せは沢山ある。

 

別にそれを他人に強要したいわけではないけど。

 

 

ミュージシャンによる音楽のシェア化って書いたけど、

ここのところ、音楽の価値観も大きく変わっているのかな、とか思う。

 

でも、僕にとっては全然変わらないな。

 

シェアされてまわって来る音楽、

ちょっと良いなと思うこともたまにあるけど、

そこに僕はリスナーとしては価値を見出せてない。

 

正直、自分の有限な時間をその音楽を何度も聴くことに費やしたり、対価を支払おうと思わない(ほぼ全てフリーなので、対価を求められてないけど)。

 

やっぱりきちんとじっくり作られた音楽が僕は好きだ。

そういう音楽の方が断然良い。

 

作り手なら静かに熱く作って、ガツンと出す。

やっぱり僕はこれが楽しいしこれがやりたい。

| about Lamp | 01:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:27 | - | - |