2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 僕が選ぶ50枚 | main | 僕の選ぶ50枚 >>
僕が選ぶ50枚

Leroy Hutson 『Hutson』1975年
この時代にこのサウンドを作ってしまったリロイ・ハトソン。今、彼の中で一番好きなアルバム。


Eugene Record 『The Eugene Record』1977年
い竜せちよさ。アルバム後半のどこまでもメロウな心地よさ。


Little Beaver『When Was The Lost Time』1976年
リトル・ビーヴァーの突き抜けるような高い裏声と刻むギターが最高。


William DeVaughn 『Be Thankful For What You Got』1974年
シンプルな作りが参考になっているアルバム。何度聴いても飽きない心地よさを持つ名盤。


Leon Ware 『Inside Is Love』1979年
比類なきサウンドの構成力を持った人。70年代ソウルミュージックの一つの到達点。
| 僕の選ぶ50枚 | 17:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:08 | - | - |