2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 僕の選ぶ50枚 | main | 僕の選ぶ50枚 >>
僕の選ぶ50枚

Marcos Valle 『Samba'68』1968年
作曲家としての才能をこれでもかと見せ付けた、奥さんとのデュオが最高に幸せなアルバム。


Caetano Veloso & Gal Costa 『Domingo』1967年
若かりしカエターノのこの才能。そして何よりも「郷愁」を感じるこの雰囲気。必聴盤。


Stan Getz/Joao Gilberto『Getz/Gilberto』1963年
初めてのボサノヴァ体験。僕にとっての一つの出発点がこのアルバム。


Paul Winter with Carlos Lyra 『The Sound Of Ipanema』1964年
裏『Getz/Gilberto』のような存在だが、僕にとってはずすことの出来ない愛聴盤。


Joao Gilberto/Caetano Veloso/Gilberto Gil/Maria Bethania 『Brasil』1981年
カエターノがジョアンを超えたことを証明するかのよう。カエターノの美声に酔いしれる。
| 僕の選ぶ50枚 | 17:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:27 | - | - |