2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 僕が選ぶ50枚 | main | 奥信濃へ >>
僕の選ぶ50枚
2005年になりました。
元旦ということで、「Blog特別企画」を(半分以上自分が楽しむために)用意しました。
僕はこうして日記に好きな音楽やその日聴いた音楽について書いているわけですが、そうした音楽に触れる毎日の中で常々名盤だと感じているアルバムをまとめたいと思っていました。それを今回実行に移してみたわけです。
まず好きなアルバムをその数を気にせず羅列し、その中からこれはどうしてもというものを選んだ結果、きりのいい数字で「50」が近かったので、50枚選ぶことにしたのです。

これから先、ここに挙げたもの以上の名盤に少しでも多く出会えることを願って、今の僕にとってのベスト50枚を記しておきたいと思います。
一応、これを見た人にわかりやすいように、5枚ずつ、感じの近いものをジャンル別のように分けてみました。しかし、半ば強引に分けたので、5枚ごとのまとまりが出ませんでした。まあ、ジャンルというものは常に後付けのものですので、さほど気にすることでもないのですが。

あと、それぞれのアルバムに一言ずつコメントをつけていますが、自分なりに書いていますので、(当たり前のことですが)それらが必ずしも僕以外の人の考えと一致するとは限りません。勝手な解釈も多々ありますので、そこのところ、御理解をお願いします。

これを見てくださったみなさんが、ここから、ご自分の名盤を探すも、Lampの音楽を紐解くも、お楽しみいただければと思って選びました。

みなさん、今年もよろしくお願いします。

Lampを代表して 染谷大陽



The Beatles 『A Hard Day's Night』1964年
EP中心の時代にアルバムとしてのこのまとまり。僕が一番ビートルズを感じるアルバム。


Simon & Garfunkel 『Parsley, Sage, Rosemary And Thyme』1966年
この後の『Bookends』さえ凌ぐ、名曲の数々が収録。ポール・サイモンの才能が爆発。


The Beach Boys 『Pet Sounds』1966年
やはりこのアルバム。この音のオーラはやはりブライアンの和声感覚が素晴らしいからか。


The Velvet Underground & Nico 1967年
時に色褪せる事のない名盤。


The Zombies 『Odessey And Oracle』1968年
このアルバム独特の空気を感じたい時がある。独特のリバーブ感とコリン・ブランストンの声が「陰」を漂わす。
| 僕の選ぶ50枚 | 17:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:49 | - | - |