2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 踏切 | main | 西陽を背に >>
Carlos Lyra―Bossa Nova

Carlos Lyra 『Bossa Nova』1960年 『Carlos Lyra』1961年

カルロス・リラの1stと2ndの2in1CD。
当時、ボサ・ノヴァという音楽に期待した〈歌い方〉や〈メロディとコードの絡み〉などはここには収められていませんでした。
買って聴いて、がっかりしたのを覚えています。
でも、けしてこのアルバムが嫌いではないですし、実際これまで何度もこのアルバムを聴いてきました。
無性に聴きたくなるときがあるんです。

アレンジや音色がすごく古めかしい雰囲気です。

僕が特に気に入っている曲は◆Ciume」と「Tem Do De Mim」です。
もちろん有名な「Voce E Eu」や「Coisa Mais Linda」なども好きですが。
| music-bossa nova | 11:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - |