2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< motel bleuのweb siteで | main | 「bounce.com」インタビュー >>
アルバム発売に寄せて
 いよいよ本日、僕たちの新作『木洩陽通りにて』が発売されます。

 このアルバムについての取材を受けたときなどにもお話ししたことですが、今作品は今までになく「苦労」というか「苦悩」して作ったアルバムです。それについてはHMV特典のフリーペーパーやタワーレコード発行のフリーペーパー「bounce」(もしくはbounce.com)を読んでもらうことにしまして。

 今回は、レコーディング期間中に「苦悩」していたせいで、何もしないうちに時間がどんどん経ってしまい、リリース時期が予定より遅くなってしまいました。

 3人とも様々なものに対する不満や憤りで精神的に不安定になり、制作意欲が低下していた時期が何度かありました。が、そんな中で、とにかく自分たちは作品を作ってそれを認めてもらうしかないと思いましたし、それが一番良い方法だろうと考えました。

 ただ今は、1年もの間、ほとんど誰の意見も入らずにアルバムを作り上げたばかりなので、僕も永井も香保里さんもまだ客観的には聴けていません。工場から返ってきた音源を聴いても、「良い」とか「悪い」とか思わないんです。1stや2ndの時は自信を持って発売日を迎えたわけですが、今回はあんまりそういう気持ちになれないでいます。少なくとも僕は。

 ただ、僕たち3人が作ったものなので、間違いなく良いものだろうし、他にはないものになっていると思います。という自信はあります。
 現に、すでに音源を聴いてもらった周りのスタッフや関係者の方々の反応はこれまでになく良いものです(僕なんかはそういった方々の言葉を聴いてだいぶほっとしました)。おそらく今までの作品より良いものになっているんだと思います。

 僕らがこれ以上「苦悩」することがないようにということなのか、今回はレーベルの方も作品が多く広まるように特典を設けるなどの計らいをしてくれました。周りを見ていて、〈特典〉と聞くと、媚びている様で嫌だったんですけど、僕らを好きでいてくれているファンの方々に喜んでもらえるなら良いかなと思いました。僕としては、CDを買わせるための特典ではなく、感謝の気持ちを届けるための特典というように考えています。ちょうど「雨に花」のCD-Rをプレゼントした時と同じような〈日頃の感謝の気持ち〉ですね。
 僕個人の気持ちだけで考えれば、アルバムだって無料で差し上げても全然構わないんですよ。でも、多くの人が動いて作られたものですから、そういうわけにはいかないのです。

 アルバムを買って聴いてくれた方は是非メールでも掲示板でもなんでもいいんで、感想を教えてください。永井も香保里さんも聴いてくれた皆さんの感想を聞きたいはずです。

 けっこうナイーブなことを書きましたが、心のどこかで、これを聴いてみんな驚くだろうな、とも思っています。
 同じフィールドでやっている人たちにはつらいアルバムかもしれません。そういうものを作ったつもりです。

 是非、聴いてください。

                            Lamp 染谷大陽
| about Lamp | 02:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:07 | - | - |