2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Lamp純度の高い3rdアルバム | main | splash! Lampインタビュー >>
キリンジ―ペイパードライヴァーズミュージック

キリンジ『ペイパードライヴァーズミュージック』 1998年

キリンジの1stアルバム。
僕らがマグナシーで自主イベントをやっていたときに、香保里さんがこのアルバム1曲目の「双子座グラフィティ」をよくかけていました。
すぐに僕も永井もキリンジが好きになり、それからというもの3人で集まると年中キリンジの音楽の魅力について話しをしていました。
僕ら3人が一番魅了されているのはこの1stなんですね。
どこまでも難解で、それでいてものすごくポップ。

音楽界がこういう人たちばかりだったら、間違いなく僕は音楽をやっていなかったと思います。
邦・洋ポップス史を見渡してみても、ここまで質の高いポップスを作ったミュージシャンはいないと思います。
ただ複雑にするとか、ただポップにするのは簡単。その相反する二つの要素を一つの楽曲の中にいかに共存させるか。そこにすごいこだわりを持って作られた作品だと思います。
そこら辺がすごく日本人的です。
冨田恵一がどこまで関わっているかは知りませんが、この二つの出会いが奇跡的な作品を生んだというのは間違いなさそうです。

イヴァン・リンスもすごく凝った曲を作りますが、キリンジの方がよりポップスとして成り立っている感じがします。
イヴァン・リンスの場合は「ポップスとして」という部分にそこまでこだわって作った感じはしませんね。
それにしてもキリンジ、確信的にやってもなかなかここまで出来るもんじゃありませんよ。

ある種類の音楽の到達点だと思います。このキリンジ1stが。

このアルバム、本当に全曲素晴らしいのですが、僕らが特に好きな曲はァ岷を見くびるな」や「かどわかされて」、ぁ崑舁曚慮畍紂廖↓Α峇鼎笋な身体」、「冬のオルカ」、 崛仍匣促哀薀侫ティ」あたりですかね。

そういえば、以前、キリンジのプロフィールか何かを見たときに、好きなミュージシャンに共通する人がすごく多くて、驚いたのを覚えています。

駄目音楽界を救っている数少ないミュージシャンのうちの輝ける1組です。
| music-japanese | 03:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 03:25 | - | - |