2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< splash! Lampインタビュー | main | 6月18日の特典の内容を紹介します >>
Tenorio Jr.

Tenorio Jr.『Embalo』 1964年

こういうのをジャズ・サンバと言うそうです。
知ってましたが。
これはテノーリオ・ジュニオルという人のリーダー作品です。
何と言っても「Nebulosa」がかっこいい。細かいことは抜きにしてとにかくかっこいい。
このイントロの音階に影響を受けました。
「この響き、いいなぁ」って。
永井と一緒にピアノ弾いて。「こう?」なんていう感じで。
「Lemuriaの1曲目のイントロもこんな感じだよね」
そんなことも話した記憶があります。
それで細野晴臣なんかも聴いて、僕は「桜色(二十才の恋)」なんかを作ったり。
永井もこういう雰囲気のある曲を数曲作ったと思う。
曲の中の一瞬の響きって大切ですね。
別になんてことない曲でも一瞬だけ良かったりすれば、なんか気になりますよね。
| music-jazz | 05:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 05:46 | - | - |