2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< カルチャーといえばカルチャーです | main | 街は雨降り >>
”の午後に
「風の午後に」

この曲を初めて聴いた時の感触はとてもいいものでした。
いつものように永井と香保里さんと3人で僕の部屋に集まった時のこと、永井が「新しく作った」という曲を、たしか2曲ほど、アコースティック・ギターで弾いて聴かせてもらったのです。そのうちの1曲が「風の午後に」でした。
その時点ではメロディまではちゃんと完成されていなかったものの、鼻歌交じりのその曲はものすごく爽快で、永井のセンスを感じさせるものでした。
実際、ファースト・アルバムを作ると決まったときは、僕の中では、すぐにこの曲を中心としたアルバム構成が思い浮かびましたし、新しいアーティストの1曲目として申し分のない、打って付けの曲だと思いました。永井と香保里さんの二人のボーカルの良い部分が一番ダイレクトに伝わるまさにLampのための曲だとも思いました。
永井がここまでLampらしい曲を作ってくれると思ってなかったので、色々な意味で嬉しかったです。実際、この曲をファースト・アルバムの1曲目に据えたことは正解だったのではないでしょうか。
曲に関して、僕が特に感心したのは、m7に9を入れてM7に戻るとM7がこんなにも心地よく響くんだということです(イントロのコード進行のことです)。
それまでのLampの曲はほとんどヴァースとコーラスの繰り返しだったのですが(それは意図的だったわけですけれど)、この曲にはヴァースとコーラスを繋ぐブリッジがきちんとあった、この曲はそういった点でも1曲目としてのわかりやすさを備えていたのです。

この曲は録るのにかなり苦労しました。録れたものも満足の出来るものではなかったのですが、その時の自分たちの限界でもありました。
永井の考えたイントロのピアノのフレーズやコーラス部分でのハーモニー、香保里さんの考えた間奏のフルートのフレーズなどどれも好きです。
また、レコーディング終盤に、もう今は解散してしまったLPchep3により、ストリングスが入ったのですが、これによってすごく曲のスケールが大きくなりましたし、全体としてのまとまりも出ました。
アウトロにスキャットを入れたのは、僕のアイディアです。

染谷大陽(2004/12/01)

------------------------------------------------------------------------
昨年末、1st album『そよ風アパートメント201』の6曲と「面影」について自分が思うことを(どこかで公開しようと思って)文章を書いてみたのですが、どこにも公開せずにいたので、ここに公開することにしました。
じらしたいわけではないのですが、とりあえず今日は「風の午後に」だけ。
| self liner note | 03:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 03:57 | - | - |