2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 




生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。





CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 街は雨降り | main | ずL襪瞭鷽 >>
1足はやく
「雨足はやく」

この曲は今までLampがリリースした中で最も古い曲で、2000年の6月に作ったものです。
「泡沫綺譚」という曲とほぼ同時期に出来ました。その2曲を香保里さんが非常に気に入ってくれて、褒められたのを覚えています。
まだこの頃は、香保里さんと会ってからそんなに月日が経っていなかったので、とりあえず音楽的な信用を得なければと僕は曲作りに熱心に打ち込んでいました。そういう心境だったので、褒められたことはとても嬉しく思いました。
また、この2曲は、永井にも気に入ってもらうことが出来ました。
今考えても、僕という歌わない人間のバンドの中での位置というものが確立されるのに充分な内容だったと思います。

実は、「雨足はやく」の歌詞は、作った当初からそこまで好きにはなれないでいるのです。
しかし「夜の雨が〜」というくだりは、歌詞もメロディもコード進行も良く出来たと思っています。そこの部分は作った当時からすごく気に入ってます。

レコーディングされた音源の方は、メンバーが口を揃えて「一番録音し直したい曲」に挙げるほど気に入っていません。裏を返せば、みんながこの曲に相当の想い入れがあるということだと思います。

はじめ、この曲は、間奏前のワンコーラスは存在しませんでした。しかし、『そよ風アパートメント201』のレコーディングの際に、なにか物足りないということでそこの部分を付け足しました。今となっては、そこがない方がシンプルで良かったかなとも思います。

染谷大陽(2004/11/29)
| self liner note | 04:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 04:35 | - | - |