2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 




生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。





CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 1足はやく | main | ヅ澆竜蔽稘 >>
ずL襪瞭鷽
「今夜の二人」

いつものように3人で僕の部屋に集まった時に、永井がアコースティック・ギターで新曲「今夜の二人」を弾き語ってくれました。永井の最初のイメージはフォーキーな感じでした。そのときに録った音は今でも残っています。
永井は、弾き語りながら、ヴァースの部分からコーラスの部分に移る転調、そしてまた、ヴァースの元のキーにテンションを利用して戻る転調を説明してくれました。それに感心したのを覚えています。
それを聴いて幾日か経ってから、僕は16ビートのリズムに乗せてアレンジしてみてはどうかと思い立ち、提案してみました。イントロのギターの裏に入るフレーズも僕がその時に考えたものです。
はじめの時点では2回目のコーラスのあとのブリッジまでは出来ていませんでした。

個人的には、地味ながらも、おがたさんが入れてくれたシンセサイザーのフレーズ、そして香保里さんを中心に3人で考えたストリングスのメロディが気に入ってます。
ブリッジでの永井のアームを使ったサイド・ギターはすごく良いアイディアだと思っています。
ギター・ソロは永井と僕と二人ともアイディアを出したのですが、僕の方を使うことにしました。

染谷大陽(2004/12/01)
| self liner note | 02:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:10 | - | - |