2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 面影 | main | Little Beaver ―Party Down >>
Sergio Mendes ―Sergio Mendes

Sergio Mendes 『Sergio Mendes』1975年

いつか買おうと思っていたところ、2in1で見つけて、そのお得感に負けて、購入しました。
79年の『Magic Lady』という全編ディスコ調のアルバムとのカップリングなんですが、そちらの方は乗りが良すぎて聴く気がしません。

セルジオ・メンデスの1975年初ソロ名義のアルバム。
このアルバムが一般的にAORと言われるかどうかはわかりません。
自作曲なしのカヴァー・アルバムです。
カヴァーとしてどうのというより、デビッドTウォーカーのギターが凄くて、もうそれだけで何度も聴いてしまいます。
この音。
こんなギタープレイが聴けるなら、そりゃ誰だって買いますよ。
スティービー・ワンダーをはじめ、ドニー・ハザウェイ、ジョージ・ハリスン、あとマリーナ・ショウのアルバムで聴ける曲が2曲などなど、なかなか選曲は良いのですが、アレンジは微妙です。
| music-aor | 02:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:30 | - | - |