2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Leo's Sunshipp | main | Never Can Say Goodbye >>
The Astrud Gilberto Album

Astrud Gilberto 『The Astrud Gilberto Album』1965年

ジョアン・ジルベルトの奥さんだったアストラッド・ジルベルトの1stアルバム。
すごく素敵なジャケット。僕はこのジャケが大好きです。

このアルバムの中で、否、数あるボサノヴァの名曲の中でも、群を抜いて素晴らしい─Fotogragh」。
なんて良いメロディなんだろう。
ジョビンらしい一つの音程をキープするメロディ。
何度聴いても胸をしめつけられます。
カエターノの86年のアルバムのカエターノ作「Saudosismo」の出だしはこの曲のオマージュ(?)なのか。

他にもАDindi」は、僕がはじめて聴いたアストラッド・ジルベルトのベスト盤の中でも特に好きだった曲です。
「Dreamer」(原題はたしか「Vivo Sonhando」)は、歌いだしのメロディの落ち着き場所がいかにもボサノヴァを感じさせてすごくいいですね。メロディとコードのアイディアとしては、─Fotogragh」に似ています。
А↓─↓と全てジョビン作。やはりジョビンはひと味もふた味も違いますね。
| music-bossa nova | 01:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:31 | - | - |