2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Hummingbirds | main | 壁紙、新しく出来ました。 >>
変化しない音
作曲についてもう少し書きます。

先日の話題と少し重なりますが、今日は「変化しない音」について書いてみたいと思います。


曲を作るときに、まず、曲の出だしとなる好きなコードを何でもいいので、一つ弾いてみます。その中のどれでもいいので、ある一つの音程を意識してみます。その音程を意識しながら次のコード次のコードと曲を進めてみてください。すると自然と良い響きのコード進行が出てきます。

このように意識的にやらなくても、無意識的に一つの音程を意識しながら曲を作っていることが多いと思います。
どうしてかといわれれば、そうやって作ると心地よく感じることが多いからとしか言えませんが。
どうしてなんでしょうかね。


Lampの曲を例に挙げて話すのは気が引けますが、ここを見ている人が共通して聴いている音楽ということで、お許しください。

例えば、Lamp『恋人へ』収録の「ひろがるなみだ」と言う曲。

2番の「窓際の席に座り込んで 僕は何に想いを馳せよう ひとりきり」の間中ずっと、後ろでツーとバイオリンの音が同じ音程で鳴っていると思います。
この曲のこの部分のキーはD(Dの構成音はレ、ファ♯、ラ)で、ずっと鳴っているバイオリンの音程は三度の音のファ♯です。
この間、和音(コード)は変化しているのに、聴いていてそれほど不自然に聴こえるところはないと思います。

もう一つ例を挙げると、Lamp『木洩陽通りにて』収録の「紙魚だらけの唄」。

2番の「曇り空 閃き熱り立つ午後を」の間、うしろでウーという感じの声が聴こえると思います。
この曲のこの部分のキーはAm(Amの構成音はラ、ド、ミ)で、ずっと鳴っている音は五度のミの音です。

いかがでしょうか。
この二つの例は、どちらもずっと鳴っている音程が実際に奏でられていて、わかりやすい例だと思います。
奏でられているいないは別として、おそらく多くの曲の様々な部分にこういうことが当てはめられると思います。

ですから、いかに周りの音を変化させて聴かせられるかが、勝敗の分かれ目になります。※音楽に勝ちも負けもないですけど。

僕がこういう要素を多く感じ、素晴らしいと思う作曲家が、ブライアン・ウィルソンとトッド・ラングレンです。
二人に、聴いていて感動する曲が多いのは、そういう部分が多いからなのかなぁなんて思ったりもします。


Todd Rundgren 『Runt. The Ballad Of Todd Rundgren』1971年

そういうところを意識的に聴いてみるのも、また一つの音楽の楽しみ方ではないでしょうか。

最後に、曲を作り続けるならば、そればかりのマンネリ化は避けなければいけないと自分を戒めておきます。

| song writing | 13:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:34 | - | - |