2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 芸術の模倣について | main | 韓国公演 >>
芸術の境界線
芸術の境界線

客観的に「芸術であるもの」と「芸術でないもの」を分かつ境界線はありません。

なぜでしょうか。

芸術とは、自分が感じる全てであり、その感覚のみであるからです。

少し小さい話をしますが、人間が創作したもののみに芸術という称号を与えるというのにはとても違和感を感じます。
なぜなら、作品は全て作者の意図したもののみで構成されるわけではないからです。

人は今目の前にある感覚のみに感動しているのであり、その過程は関係ない。
その結果だけ感じとったときに、感じた人にとって、自然的なものと人為的なものとの区別はない。


風の音も電車の音も犬の鳴き声も人の話し声も人の歌う声も感じる人が感じたならば、そこに境界線を引くことが出来ましょうか。
全て同じ耳から入り脳に伝わる音の波なのですから。


今、自分が感じている全ての感覚、単なるこの感覚が芸術なのです。
| culture | 20:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:22 | - | - |