2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Toninho Horta | main | 似ている絵っていっても別の絵です >>
Tania Maria

Tania Maria 『Via Brasil (Vol.1)』1975年

彼女の歌い方や声は正直好みではないのですが、 Samba De Orly」のイントロのハーモニーにやられました。
(クレジットを見たら、作曲シコ・ブアルキとなっていましたが、残念ながら本人のヴァージョンは聴いたことありません。本人が演奏したものはあるのでしょうか。)

こういう新鮮な響きが僕に新たな創作意欲を注いでくれる気がします。
 Samba De Orly」はピアノのリズムもすごくいいです。

このような響きの曲をカヴァーしたタニア・マリアにもう一つ共感できるのは、このアルバムでイヴァン・リンスの曲を2曲採りあげていることです(ぁAbre Alas」と「Nao Tem Perdao」)。
イヴァン・リンスが好きなら、 Samba De Orly」のような曲をカヴァーしたのも頷けますね。

1974年12月録音とのことですが、1974年はイヴァン・リンスのその2曲が収録されているアルバム『Modo Livre』が発表された年ですね。すぐにカヴァーしたんですね。
| music-brasil | 15:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:27 | - | - |