2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 似ている絵っていっても別の絵です | main | 6月の壁紙を作りました >>
オリジナリティという二義的な問題について
昨日の話題の続きみたいな感じですが、内容が少し変わります。

僕が、模倣行為に対して比較的寛大な考えを示すのは、昨日書いたような部分とはまた別のところにも理由があります。

昨日、「各人にそれぞれの作品に対する気持ちがある」と書いた理由の一つに、真似をした人の気持ちがどんなものか考えてみてください、ということがあります。


普通、「如何に人と違うものを作るか」とか「如何にオリジナリティを持たせるか」という部分に一番一生懸命になるわけではないですか。作る人って。
僕もそうですが。

人の真似をして作っても全然心がすっきりしないというか、作ったものが偶然でも何かに似ていたら、自分がいったい何をやったのか整理がつかなくなるというか。

自分の作ったものにオリジナリティを感じたときに、初めて納得すると思うんですよ。作ったものに対して。
納得するというのは、自分自身に創作したことの正当性をもたせることが出来る、ということですね(創作活動を継続するにあたって、も含め)。

だから、誰も人の真似をしようなんていう気持ちで作品を作らないと思うんですよ。

さらにいえば、例えそういう人がいたとしても、一番苦しんでいるのは真似をされた人ではなくて、真似をした人だと思うんです。

だから僕はわざわざ訴える必要があるのかなぁと思うんです。

訴えるということに関して、もう一つ思うのは、
その真似された人が、「何をどれくらい模倣しているのか」本人が一番知っていると思うんですが、そのことと自分が真似されたことを心の中で比べてみてほしいんです。
それでも訴えようと思いますか、と聞きたいです。
「お前は模倣の仕方が下手くそだから訴えてやる」と言っているようではありませんか。

芸術作品に知的財産権―それを所有・独占する権利―を認めるべきなのでしょうか。



「如何に真似に思われないかを考えて作る」

これをそのまま受け入れられる人はどれくらいいるでしょうか。


果たして、これを実行することが創作において正しいやり方なのかどうか、僕にはわかりません。
(「正しさ」とか話しちゃうと、収拾がつかなくなりますが。)
どちらを選ぼうとも、これが創作の一つの壁であることは間違いないと思います。

「如何に真似に思われないかを考えて作る(オリジナリティの追求)」よりも「自分が良いと思うものを作る」方がよほど素直な感情に思えますね。

最後に、
僕はといいますと、
オリジナリティという相対的な部分と、直感的な良さという絶対的な部分が自分の上のほうでパッと結びついたときに、納得できることが多く、最近ではそれをひたすら待つことにしております。
しかし、そういう自分の考えにも歪みを感じずにはいられないのです。
| culture | 00:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - |