2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 感じ、そして、取り込む | main | 「四季・ユートピアノ」をみて >>
Joao Gilberto

Joao Gilberto 1973年

邦題『三月の水』。
ジョアン・ジルベルトの弾き語りとドラムのみのシンプルな音のアルバム。

最近、ようやくこのアルバムが良いと思えてきました。
大学2年の頃に初めて聴いて以来、ずっといまいち好きになれなかったアルバムでした。

このアルバム、特に、カエターノ・ヴェローゾのぁAvarandado」やジルベルト・ジルのАEu Vim Da Bahia」なんかを聴くと、冬を思い出す。
「E Preciso Perdoar」なんかも、聴いていると人肌恋しくなるような、そんな切なさが好きです。
とにかく僕にとってこのアルバムはちっとも夏でないのですね。

最近鈴木翁二をパラパラと読んでるんですが、このアルバムとけっこう雰囲気がマッチしますね。
昨夜寝るときのロー・ボルジェスを聴きながらの鈴木翁二もすごい雰囲気で良かった。
| music-bossa nova | 01:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:26 | - | - |