2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Leroy Hutson ―Love Oh Love | main | ライブ (期日訂正しました) >>
Joao Gilberto ―Amoroso

Joao Gilberto 『Amoroso』1977年

僕の大好きなマイケル・フランクスの『The Art Of Tea』や『Sleeping Gypsy』、ニック・デカロの『Italian Graffiti』等のプロデューサー、トミー・リピューマ・プロデュースによるジョアン・ジルベルト作品『イマージュの部屋』。
まあこのアルバムはそれらに比べてトミー・リピューマだからどうというのは個人的にはないのですけど。

このアルバムはジョアンの歌がかなりすごいです。
◆Estate」のメジャーになったところなんかはものすごい迫力。すごく美しいコード進行に乗って。

そして、アルバム最大のハイライトはΑCaminhos Cruzados」。
とにかくとにかく綺麗な曲。
聴くたびに心が洗われる感じ。感動なしでは聴けません。
あまりにも良い曲なので、最近は自分でも弾いて歌っています。

これを聴き始めたばかりの頃、 'S Wonderful」のM7→帰dimやM7→侠dimの流れに感動しました。
「ああ、ディミニッシュはこうやって使うのか」と納得したものです。
| music-bossa nova | 22:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |