2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 12月9日 チケット追加の情報 | main | Mundo Novo ―Mundo Novo >>
にほんご 安野光雅/他

安野光雅/大岡信/谷川俊太郎/松居直 「にほんご」 福音館書店 1979年

幼稚園を卒園するときに幼稚園からもらったものの、一度なくしてしまって、ずっと探していた「にほんご」という本をさっき近所の古本屋で見つけ買いました。

この本がとても面白かった記憶があり、また読んでみたいと思っていたんです。
1ページ1ページに当時抱いていた不思議で懐かしい感覚が詰まっているような、そんな気がしたのです。

この本の内容を簡単に説明すると、この本の著者たちが、小学校1年生の国語の教科書がこんな風だったらいいんじゃないかなぁという理想を、学習指導要領に沿わずに自由な立場から作った教科書的なものなんです。

この本で絵を描いている安野光雅には、ここ1、2年の間に知らず知らずのうちに触れてきて、この本の絵を描いているのも彼だと知って、点と点が線で結ばれた思いがしました。
因みに今度の月曜(10/23)まで日本橋高島屋で「安野光雅の世界」展をやっています。

何度も読んだ本だから本当に懐かしいです。

安野光雅ウィキペディア(Wikipedia)
| books | 23:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |